縮緬小紋

今日はNOPの長唄のお稽古の日です。

先月は母親のことやらでバタバタしていてすっかり忘れて・・・
今回は忘れるわけにはいきません。
3月1日芸術文化センター小ホールでの発表会が迫っています。
午後2時から笛と長唄の会で元禄花見踊りと供奴を唄います。(クリック
お時間の許す方は是非見に来てください。
もちろん入場無料です。
同じ時間に大ホールでは海老蔵さんの源氏物語、というのがなんですが・・・(^-^;

というわけで、お正月らしい雰囲気の着物にしました。
c0021551_21554417.jpg
露芝の縮緬小紋
帯はイギリスカーテン帯で、
着物は初めて買った古着なんですが・・・
帯〆は道明ということで(^-^;
帯〆一本のほうが、ほかすべての合計より高いって?
えへへ、でも叔母からもらった成人式のプレゼント(-_-;)
c0021551_21582098.jpg
これぞ一点豪華主義(^-^;




[PR]
by yamamotoyk | 2015-01-12 22:08 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2015-01-12 23:10
やや大きく写った下の写真で見る露芝、色が多くてきれい。お正月らしいですね。
露芝は好きな柄の一つです。えーと、浴衣と、紬と、自分で染めた帯にあります。
一点豪華の帯締め、いいものを頂かれましたね。
Commented by yamamotoyk at 2015-01-12 23:46
すばるさん、ありがとうございます。
はい、露芝の小さな三日月形の中に
さらに細かい小紋柄が描かれていて
おとなしいけどプチ豪華な小紋になっています。
40年以上昔の帯〆ですが、
めでたい時(主にお正月)だけ使うので
今でもまだピカピカです(^-^;
<< 鏡開き ラム祭り >>