新年会へ

昨日の新年会の着物です。
c0021551_19032394.jpg
薄青の地に細かい雪が降っているような小紋ですが、
全体で見るとさらに市松模様のように青の濃淡になっていますね。
頂き物の着物で、雪は会っているんですけど、やや幅が大きいので、
帯から下はぐっと右に回っていますし、
襟肩開きもやや広い感じがします。
というか、私の襟肩開きが小さめなんですけど。
ゆったりしていい感じなので、小さいよりは良しとしましょう。

名古屋帯化の実用袋帯(黒)は、
ややお太鼓が小さめに結びました。

頭のてっぺんに部分ウイッグを乗せたので
ちょっと盛った感じになりました。
最近ちょっとこれにも慣れたようです。
お弾きぞめにも盛って行きましょう☆

さて、例の草履ですが(クリック)
思いっきり締めた片方がきつすぎて指が痛くなるのですが、
右、左と履き替えたりしているうちに
なんとか慣れて・・・いえいえ、ちょっと緩んできたようです。
締めなおしてよかったです。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-01 21:46 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2015-02-01 22:42
とても新春らしい組み合わせですてきです。
ことし秋、孫娘第一号が結婚しますので、きもの着ます。親である私の娘はきものなんか着なくていい、というんですけど、あらたまった服なんか無いですもん。
慣れるために今年こそはなんとか着なくては。

自分とこで書かなかった自慢はね、師匠にいただいたはがきに、夫の名に並べて、印象深い奥様、とあったのです!キャー!(旅とは言へり の合切袋に載せました)
Commented by yamamotoyk at 2015-02-02 16:48
すばるさん、ありがとうございます。
確かに、春~と言った雰囲気ですね☆
近くで見ると、粉雪が舞っているようにみえるので、
やや寒々しい雰囲気なんですけどね。
いま時分に良い着物ですね。

お孫さんの式に出られて、いいですね。
羨ましい~♪です
すばるさんの着物姿見たいですね☆
ぜひぜひ。

印象深い奥様!
こりゃ大変だぁ~
いつかある日、枕のネタになってたりして・・・・!
<< 三味線を運ぶ 鼻緒締め >>