新年お弾きぞめの着物

いよいよお弾きぞめ本番です。
見に来てくださった皆様、本当に今日はどうもありがとうございましたm(__)m

まずは着物
まだお弾き初めには着ていない着物を・・・
というわけで、茶色の色無地
c0021551_19463664.jpg
子供の卒業式に着るようにと、むかし母に言われた
薄ピンクの色無地を
あまりに色が薄く顔が黒く見えるのが嫌で
ピンクの上から(色を抜かないで)茶色をかけてもらったもの
花の地紋が入っています。
地味~な雰囲気なので、どの帯が合うか
色々合わせてみた結果
この唐船ドーイ帯が色の具合がよくて決定。
c0021551_19464370.jpg
さて、問題の新しい三味線バッグ。
c0021551_19465164.jpg
どうだ!って感じですね。
ちゃんと帯もしてマントも着てその上から背負えました。
三味線は多少反っているので、
帯の部分は浮いています。
というか、お尻と頭がぶつかっています。
両肩で支えるので意外に重くありません。
これなら、行けるかな?

本当は三つ折れケースに入れる練習も必要かと思うのですが、
とりあえず、これで・・・

それにしても毎年、先生方の着物姿がステキで、
参考になるというか、まねできないというか・・・

ついでに今日のお弁当
c0021551_20000830.jpg
塩鮭と野菜のおにぎらず。
無理やりぎゅうぎゅう握ってますケド・・
(しかもご飯が一部かたまってるし)

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-04 20:03 | 着物 | Comments(4)
Commented by buribushi at 2015-02-04 21:17
うまこさん衣装持ち-。
このきもの大人っぽくてまたいいですね。
帯ともよく合ってますね。
いざ出発の姿は勇ましいです。
Commented by yamamotoyk at 2015-02-04 21:41
すばるさん、ありがとうございます。
これは、いわゆる嫁入り道具です。
染め替えちゃいましたけど。
名古屋の嫁入りなので、
私の場合は当時の基本セットくらいで、
そんなにはないのですが、
色無地は”卒業式セット”に入っていたんですね。
絹物は腫れ物に触るようで着てないですね(+_+)
Commented by uzuztama at 2015-02-06 15:00
ピンクの色無地が、シックな大人の色に変身したのですね。
そのまま上から色を掛けるというのが、どんな色になるのか確信が持てなくて、いまだに挑戦せずにいます。
唐船の帯も迫力があって素敵です。
ホント、三味線を背負っておいでの姿が勇ましいです。
Commented by yamamotoyk at 2015-02-06 18:19
uzuzさん、ありがとうございます。
もとのピンクが本当に薄いピンクだったので、
色を抜くだけの値打ちああるのか?
ほとんど変わらないだろうし、
生地は傷みそうだし、と思って、
法事にも使えそうな茶色にしました。
多少は深みのある色になったかなと、
勝手に思っていますが、
今になってみれば、藤色にすればよかったかな、と。
でもこの茶色シックですか?
だったらうれしいです。
法事以外には地味すぎるような気がして
あまりうれしくなかったんです。
<< 新年お弾き初め会 節分イワシと恵方巻 >>