絣市松ウール

今日も出番の少ないシリーズ続きます。

2月に入り、お稽古もやっと平常に戻ったので、
普段着に戻りましょうか。
寒い日はやっぱり純ウールですね。

と言うわけで、朝、布団の中でいろいろ考えていましたが、
出番の少ないシリーズなら、文句なしにコレ、というのが、
c0021551_19411375.jpg
着てしまうと、意外に評判のよい着物ですが、
自分としては着こなせない・・・(>_<)
どうしていいか、わからない(^^;)ゞ
と言う着物です。

理由はただ一つ。
コレも嫁入り道具なんです。
つまり私の好みも似合うかどうかもお構いなしに
やってきた・・・・(^_^;)

それと、もっと若い頃に着ていれば、
それはそれでよかったのでしょうけれど、
着物を普段にも着始めたのが遅かったので
この着物の朱色がね・・・
芥子色とか黄土色くらいだったらまだしも・・・
と言うわけで、ここでは顔がないから、ま、いいか(^^;)ゞ

それにしても、柄合わせがうまくて、
ご丁寧にも一番の朱色が顔の両側に来ている。
写真では朱色もかなり押さえた感じですが、
実物はショッキングピンクならぬ、ショッキング朱色
という感じのいろなんですね。

さて、ゆっくり帯合わせを考える時間がなかったので
ぱっと目に飛び込んできたこの紫同士の組み合わせにしましたが、
前回は(クリック)白い帯。
白い帯がすっきりしていいですね。
でも、いろいろ試さねばね(^_^;)v ね

この帯は母の羽織を潰して自作したモノですが、
やや短いので
そのうちまた作り直すかも・・・です。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-11 20:05 | 着物 | Comments(5)
Commented by buribushi at 2015-02-11 22:11
くっきりして、元気そうでいいです、お似合いなんじゃないですか?
私はろくな嫁入りしたくも無かったので、好みも好まずも、何も無いんです。
きものはずっと好きだったので、たとえて言えば耳年増?のように目年増で、知識だけ増えていました。
自分で少しは帰るようになったのが60になってからで、柔らか物は似合わない、と紬を何枚か作りました。
気がつけばアラサン(80近い)、それを着つぶすには時間が足りません。
Commented by buribushi at 2015-02-11 22:12
帰る-買える
誤植でした。
Commented by kumitan2011 at 2015-02-12 00:49
私も市松好きです~こちらの着物、素敵ですね♪
うまこさんにお似合いだと思います(^^)

昔のウール着物は素敵な柄物が色々あったのに、イマドキのウールはあまり心引かれず(笑)

朱色はお肌がキレイに見えるし、良いポイントになってる気がします・・・
黒い帯にしたら、モダンな雰囲気になりそうかな☆

以前の記事よりスリムなうまこさんも素敵です(*´-`)
Commented by yamamotoyk at 2015-02-12 18:26
すばるさん、ありがとうございます。
なんとか工夫して着こなしてみます。
昔の感覚では若すぎますが、
今なら許されるでしょうから。
Commented by yamamotoyk at 2015-02-12 18:33
kumitanさんありがとうございます。
確かに前の写真よりすらっとして見えますね。
実際はちょっとした角度の違いだけですね。

最近のウールはいかにもという感じが強すぎて、
好きません。
高級感を持たせたくないのかな。
ひょっとしたら、このウールが嫌いなのも
ウールっぽい柄付けがいやなのかも。

ウールっぽい感じを消す組み合わせを思いつけば、
出番が増えるかもです。
<< ブラウニー 四海波*椿 >>