ブラウニー

ブラウニーを焼きました。
もちろんバレンタインを意識してです。
c0021551_19032934.jpg
元々のレシピはハーシーの料理用チョコの箱の裏についていたアメリカ製。
従って、日本の度量衡に合わず、
いろいろ苦労して、いくつかのレシピを考案。
そのうちの使いやすいモノで
まず火曜日に試し焼き。
まあまあいい感じに焼けたので
水曜日のお稽古に持って行き、
昨夜また2個焼きました。
70~80人分を想定。

備忘録にレシピを再掲します。

ブラウニー(甘さやや控えめバージョン、でもすごく甘いです)

1  カカオマス(100%カカオ) 100g
バター 200g
砂糖 300g
以上を蓋付き容器に入れ、レンジでチンして溶かす。
私はガラス鍋を使いますが、土鍋やどんぶりに皿の蓋でもいいと思います。
シリコン容器は柔らかいとかき混ぜにくいと思います。
溶けたら、まず固まっている砂糖をよく潰します。
もちろんバターやチョコが溶け残っていたら
よく混ぜて溶かします。

2  卵3個 
生地に卵を一個ずつ混ぜていく。
しっかりなめらかになるまで混ぜます。

3  小麦粉を180g
(あれば、アーモンド粉20~30gと強力粉を使う。強力粉の割合はテキトー)
粉をふるって生地に混ぜ込む。
しっかり混ぜる。(力がいります)

4  クルミ(100~300ml)
現在クルミが高価になっているのでテキトー量でいいです。
でも、入っていないとかなり物足りないので
一切れに必ず入る程度はあった方がいいです。
たぶん1/2カップくらいはあった方がいいです。
1~2cmの大きさに荒く砕いておきます。

5  オーブンを170℃35~40分くらいにセット、予熱。
クルミを生地に混ぜ込んだら
オーブンペーパーを敷いた焼き型に生地を流し込み
オーブンに入れ、焼きますが、
クルミのムラをなくしたい場合には
生地に混ぜないで型に流し込んだ後、上に並べます。
上の焼き型は21cm四方のガラス焼き型を使ってます。

焼きすぎるとおいしくないので
焼き上がったら竹串を刺して生地がべったりついてこない程度で
しっとりした感じがベスト。
試し焼きが欠かせません。
この時間がなかなかむつかしいんですね。
アーモンド粉や強力粉の割合によっても変わるかな、という感じがします。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-12 19:47 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by minnieiko at 2015-02-12 22:38
このアメリカン・レシピ、いつかやりたいと思いつつまだトライできてません。いつかかならず!(^^;;
ブラウニーは半生ってとこがポイントですよね♪
Commented by yamamotoyk at 2015-02-13 18:55
えいこさん、ありがとうございます。
量の問題だけで、
作り方はここに書いたのと同じです。
しかも、アーモンド粉が入るので
オリジナルよりおいしいです。
半生感が作り易いです。
とは言え、市販品より手作りのアーモンド粉の方が
残念ながらぐっとおいしかったです。
結構、簡単なので是非作ってください。
カカオマスはミッドランド地下の
富澤商店にあります。
あ、焼き時間だけは焼き型によるので
ぜひ、何度か試してください。
<< ヒヨドリ騒動 絣市松ウール >>