椿銘仙帯

今日は津賀田中学校での長唄講習会、
来週3月1日の笛・鼓交流会の前、最後の練習で打ち合わせ、リハーサルです。
お天気は曇り~小雨。
寒さは一段落です。

朝からばたばたしていて、朝の練習が出来ていませんが、
お昼に打ち合わせがあるので、お弁当を持って早く出なければなりません。
お弁当はもちろん、塩鮭と彩り野菜のおにぎらず(クリック)とカルピス。
しかもご飯は米常パックご飯をチンしたモノ。(クリック)
着物を選ぶ時間もないので、目に留まったこの帯と合う着物。
そうそう、椿の季節ですよね。
というわけで・・・
c0021551_20234060.jpg
叔母の銘仙着物で作った帯(クリック )(クリック)
たれを短く、手先を長めにとって、
帯枕なしで、帯揚げと帯〆をしたら、
角だし風のお太鼓結びになりました。
きっと堅くて張りのある帯だからでしょうね。

黄色と赤の椿が並んでいるのですが、
後ろは黄色だけ、前は赤の花だけが見えてますね。

はごろもさんがブログでこの帯のすてきな写真を披露してくださいました。

いよいよあと1週間なので、今週は頑張って練習しないと。
リハーサルの時、唄の先生の前に録音機を置かせてもらったので、
ばっちり!と思いきや、最初の曲はホールドにしなかったので、
なぜかすぐ止まっていて、全然録音出来ず・・・(>_<)アチャ~
ま、いいか。供奴はお弾き初めでさんざん練習したから。(^_^)v

心配なのはむしろ3月1日の当日。
朝からお弁当作ったり早く出発したり、出来るか?
もちろんパックご飯使いのおにぎらずだから悩みはしませんけど。
あ、大ばあちゃん作業を簡素化すべく、
2日前から紙パンツ作戦で行きますか?

それにしてもおかずたくさんの巨大おにぎらずは便利です。
作るのも食べるのにも、かなり便利。
場所も取らず、黙々と食べられるバランス昼食、
時間と場所のない時にはサイコーです。

ガンバロー

[PR]
by yamamotoyk | 2015-02-22 20:58 | 着物 | Comments(0)
<< ニョッキと鮭のクリームソース 牡蠣 >>