葉付ヤングコーン

地元産皮付ヤングコーンが八百屋さんの店頭に並んでいます。
何年か前、初めて見たとき一応買ってみました。
皮を取り、茹でて食べましたが、
最初から実だけパック詰めになっているタイ産のヤングコーンと
差別化が難しく、コストパフォーマンスが悪いので、
以後買うことはありませんでした。

しかし、今年八百屋さんのお兄ちゃんに教えてもらい初挑戦。
c0021551_19214913.jpg
頭と根元の切り口を切り落として、
切れ目を入れてグリルへ入れました。
c0021551_19220111.jpg
グリルが自動的に9分になるので、
9分焼きで食べてみました。

ほんのり焦げて
2人でわけて2本半ずつ。
あら、とっても美味しいですね。

中の実はもちろん、
若いひげも内側の柔らかい皮も甘くて美味しいです。
ネットで見ると10分と書いてあったり、
最初から半切にしているのもあります。

最初から半分に切るのは見かけも焼け具合も良さそうです。
次回はそうしてみましょう。
皮は1~2枚剥いただけだったので、外の方は硬いです。
3~4枚剥いて焼く方がよく焼けてよさそうです。

トウモロコシは収穫してすぐ食べる方がおいしいので、
コレはいいお店で買ってその日のうちに食べるのが
良さそうですね♪~

トースターでも焼けると言うことなので、一度お試しを☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-06-01 19:34 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2015-06-01 21:57
これ、良さそうですね。
トウモロコシは蒔いたので、是非やって見ます。ご近所のジャネットさんが、アメリカインディアン(彼女の言葉のまま)のトウモロコシ、と去年くれたタネもまた育っています。
Commented by yamamotoyk at 2015-06-01 22:38
すばるさん、ありがとうございます。
コレは、摘果された物ですよね。
だったら、必ず収穫出来るんですよね♪~
是非、二つ割りにして焼いてみてください。
とても美味しいです☆
インディアンのトウモロコシ、
いろんな色の実が付くトウモロコシでしょうか☆
すごく楽しみです。
<< 東京行き準備 梅仕事、ラッキョウ仕事 >>