万筋ポーラにバティック帯

昨日のお話です。
午後から、ご近所の友人のマンドリンコンサートです。(クリック)
実に梅雨らしい、降ったり照ったりの不安定なお天気です。
晴れるとずいぶん蒸し暑いのですが、
曇っているとそれほどでもありません。

雨でも良くて、真夏には暑い着物シリーズと言うことで、
c0021551_23185589.jpg
万筋ポーラを選択(クリック)
東京の発表会に着ていこうと考えていたのを
変更したので、ちょっと罪滅ぼしの気分です。
今回の下着はキュプラではなく、
綿楊柳の裾よけと綿レースお袖を選択。
結構蒸し暑いですが、まぁこんなもんでしょうね。
帯はバティック両面帯の焦げ茶側です。
帯〆は薄黄緑(ひわ色?)でも、もう40年近く前の道明の冠組で
色があせて丁度良い感じの色になっています。
写真では全然色がわかりませんね。

それにしても、しわになりやすい着物です(T_T)
色無地風に見えるので
実用的な意味で大切にした方が良さそうな着物です。
つまりこの時期の色無地が必要なときだけ着ると言う意味です。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-06-21 23:31 | 着物 | Comments(4)
Commented by kumitan2011 at 2015-06-22 01:29
マンドリンコンサート、イイですね(^^)

ポーラの着物も便利そう~柄が万筋なのもシャレてます♪
私もサマーウールの着物を昨年手に入れたので(三勝かも)、今年は着たいなぁと(^-^)
薄手の木綿やポリ着物よりは、断然涼しいです(笑)

白っぽい着物はシワが目立ちますね・・・特にベージュとか(^-^;
梅雨時の雨や汗とか考えると、やっぱりポリ着物に手が伸びちゃいます(笑)
Commented by yamamotoyk at 2015-06-22 17:35
kumitanさん、ありがとうございます。
木綿の着物は薄くても案外暖かいですね。
ポリはもちろん蒸し蒸ししますが、
色柄が豊富なのが魅力ですね。
だから若い間はポリが良いですね。
私はもうあの蒸し暑さに耐えられないので、
よほどで無ければ着ないと思いますけど。
Commented by buribushi at 2015-06-22 20:46
このコーデも好きですねー。
Commented by yamamotoyk at 2015-06-23 17:52
すばるさん、ありがとうございます。
無地は帯合わせが楽で良いですね。
実物はもう少し緑っぽい感じなので、
多少印象は違いますが、
やっとこの帯に馴染む着物が見つかったいう感じです。
<< キュプラ絽の裾よけ マンドリンコンサート >>