ミッキー麻着物

朝から怪しいお天気です。
家を出るお昼近くになると、少しだけ雨が降ってきました。
午後は土砂降りの可能性もあるらしい。

色々考えますが、やっぱり麻の着物にポリの帯の組み合わせが無難でしょうか。
と言うわけで・・・

ミッキー麻着物です。
名前の由来は・・・(クリック)
c0021551_18374106.jpg
濡れても惜しくはない着物を何枚か出しますが、
こんなうっとうしいお天気なので
なるべく明るい着物が良いですね。
でも、ポリの夏帯というと、4本だけ。
博多の紗の無地(黄緑と薄紫)と白地に赤い菊の葉とこのヒョウタンツギ帯
イマイチ合う着物がありません。
範囲を広げて浴衣を出してきても
博多帯を乗せるといかにも浴衣になってしまうのが不思議。
で、結局無難なこの組み合わせになりました。

このヒョウタンツギ帯の黄ばんだ生成りが
どの着物にも合うんですね。
真っ白の地になるとなんか、雰囲気がきつくなります。
赤い菊葉帯、草木染めにしてみますか?
ポリって染まるのかしら?

昨年の雨の日着物の記事を読んでいると、(クリック)
濡れた麻の襦袢で足がすれるのを予防するために
ストッキングをはく話が出ていましたが、
今回はキュプラの裾よけを
麻長襦袢の中に着ました。
なかなか快適ですね。
このミッキー着物専属の麻長襦袢は
かなり古くてすり切れて穴まであいているので、
大事にしたいと思っていましたが、
中にキュプラの裾よけを着けると
足も痛くないし、襦袢の保護にもなりそうです。
今日はかなり涼しい気候でしたが、
盛夏でも良いかどうか、暑くなってからも試したいですね。
あ、ちなみに足もとはしっかり雨草履です。

ところで今日は着方が変です。
半襟が妙な具合に出過ぎで、
コレは多分コーリンベルトがきついか、
はさんだ場所が悪いんだと思います。
着物は背中心がゆがんでいます。
気をつけたつもりですが、
このミッキー着物はなぜか最初から掛け衿が無くて
襟合わせがわかりにくいんです。
失敗失敗。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-07-08 19:00 | 着物 | Comments(2)
Commented by のんこ at 2015-07-09 08:47 x
掛け衿の寸法に 生地が不足してたってことですか?

でも 掛け衿なくても十分着物ですよね。。。

しじらの反物 用尺が足らなくてそのままにしてるのが
あるんですけど いっそ掛け衿なしで縫おうかな。。
Commented by yamamotoyk at 2015-07-09 16:43
のんこさん、ありがとうございます。
掛け衿だけ節約しても中途半端だし、
コレはずいぶん袖が長い着物だったので、
用尺が不足と言うことは無かったと思うのですが、
何が原因か不明です。

掛け衿が無くても柄があるので、
全然目立ちませんが、
着るときはやはり面倒です。
掛け衿はなんちゃって掛け衿でも良いので
あった方がうまく着れますね。
<< 手作りジンジャーエール 蝉の初鳴き >>