初天津飯w長芋

今日はお盆と言うこともあって(本当は弟一家が来るのに合わせた)
お昼にチビ3人大人6人分の食事を準備します。
夕食はチビ1人大人4人になるので
(弟一家は食事はしないんだとか)
前日にできる準備はできるだけしておこうと思います。

先週の土曜日に食べた天津飯が美味しかったので真似しようと思います。
食べたのは多分細切りのタケノコ(?)の歯触りが良かったのですが、
チビ達はどう思うかわからないし、
細切りタケノコは案外高いので危険を冒すのは止めます。
替わりに・・・・ニンジンピーマンともやしにしましょうか。
なんとかごまかして野菜を食べさせようという魂胆です。
昔、もやしのひげ根が苦手だった子もいたので、
もやしの根を切り、全体の長さも半分にしましょう。

さて、前日に見たテレビ(吉田類さんの居酒屋)で
長いものステーキと称して
おろした長芋と卵の混ぜた物を鉄板で焼いて出していたのが
なんだかちょっと美味しそうで、
そのアイデアも頂きます。

というわけで、
c0021551_19582188.jpg
長芋20cmくらいをおろしたものの中に
卵8個と極細切りピーマン、ニンジンともやしと
カニかま(かなり蟹ぽい物)とダシの素、醤油
を入れ、ちょっと粉末おから(サラサラに製品化された物)もいれて
よく混ぜ合わせます。
ふわっとした感じです。

c0021551_19584289.jpg
ホットケーキの感じで(テフロン)フライパンで焼きます。
最初だけちょっとごま油を使います。
長芋が生だからでしょうか、意外に時間がかかります。
全体がなんとなく硬くなって裏が少し焼けてきたところで
裏返します。
できれば表はあまり焦がしたくないので
ほどほどのところでまた表に返し、
c0021551_19593655.jpg
こんな調子で9枚ほど焼けました。
粗熱が取れた所で
間にラップをはさみながら全体もラップで包みます。
2包みできました。
冷凍庫へゴー

次の日の昼、本当は朝出しておきたかったのに忘れて、
直前にレンジでチン解凍。
なんとなく溶けたら
オーブンへ入れて200℃、10分ほど暖めておきます。

一方で餡を作ります。
麺つゆを薄め、酒と砂糖をちょっと足して酢も入れて
片栗粉を混ぜ火にかけます。

ご飯を皿に盛り
上に暖めた偽蟹フウヨウハイを乗せ
餡をかけます。
紅ショウガとかネギとか今回は無し。
ちょっと餡の量が少なかったのが残念ですが、
まあまあ美味しかったです。
この他、箸休めに里芋甘辛煮、冬瓜煮、インゲンなど
バタバタしていて、写真無し・・(^_^;)

すり下ろし長芋が入っているのでふんわりして
いい感じです。
コレは、あらかじめ作っておくのにいいですね。
もう少し濃い味にしも良かったかな
案外チビちゃん達には不評でしたが、
慣れない物には常に不評なチビ達なので気にしない。
でも中の野菜はわたし的にはタケノコの方が良いな・・・

いずれにしても作り置きのできるメニュー
また一つゲット!
これ、少しずつ改良していこうと思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-08-13 21:18 | 食べ物 | Comments(0)
<< ホームセンター 広重☆魚づくし >>