秋の水辺帯

雨模様で小涼しい日ですが、案外蒸し暑い予想なので
やはりまだまだ麻で行こうと思いますが、
真夏とは雰囲気を変えないと・・・・

というわけで、海の小千谷縮に合わせる何か別の帯を考えましょう。
いつも南蛮船帯ですからね (クリック) (クリック)

c0021551_21274155.jpg
というわけで、わびしい秋の水辺帯です。
漁師さんが魚を捕っています?
雁が飛んでいます。
水辺の芦は枯れています。
でも、お魚は捕れているようなのでいいとしますか。

この端切れはお太鼓分しか無かったので
前はフラミンゴですが、
ふと気づけば、フラミンゴが逆立ちしている・・・・
両脇なので見えないことにしました。
真ん中にはトンボのようなものが飛んでいて、
帯留めには鯉をもってきました。

今日のお稽古は唄の先生。
細かく唄のお稽古をつけて頂きました。
猿は案外難しい曲で、
練習ができていないのがツラいところです。

NPO長唄講習会のお手本2曲、
次回から参加したいという人のためにCDに焼きました。
自分のために譜本もスキャンしてPCに取り込みました。
そんなことをやっていると、
どんどんお稽古の時間が無くなっていきます(T_T)

ボチボチ定年の年だし、もう仕事は止めたいと思っていましたが、
長唄の友人が別の人にあと10年頑張らなきゃ。
長唄のお師匠さんは一回り上なのに
あんなに頑張っていらっしゃる・・・・って。
たしかに・・・
ここでやけを起こしては、あとで後悔するかも。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-16 21:45 | 着物 | Comments(0)
<< 彼岸花 栗きんとん試作 >>