小豆麻付下げ小紋

今日は岳見町ぎゃらりぃのもずやさんと
本山フロートの一衣舎なか志まやさんにNさんと行けることになりました。
こちらは同じおしゃれ着でもかなり高級なお店なので、
あまり普段着っぽいものでは気が引けますが・・・
かといってお天気の良い日はまだまだ暑く、
かなり歩く予定なので絹物は・・・

そこで、夏久留米を着てみましたが、
部屋が暑かったこともあり、むっと暑くて・・・・・

c0021551_22202542.jpg
思わず、こちらの薄手の麻に・・・・
小豆麻付下げ小紋です。
で、悩むのがやはり帯。
もずやさんは琉球紅型、なか志まやさんは更紗?
となれば、私にあるのはバティックだけですが・・・
ジャワ更紗はイマイチこの着物の色に合うものがないので
ふと目に付いたインドろうけつの9郎帯。
9郎帯?はい、図柄がね、9みたいだから・・・・
とりあえず、色はぴったりですね。

帯留めは派手な柄に負けない大ぶりの帯留め。
おニューのコレですね☆
レンコン帯留め(^_^;)
高浜のかわら美術館でゲットしたものです(クリック)
あぁ、あの日は箸置きとして使いましたね。
c0021551_22351700.jpg
ついでに三分紐もどさくさ紛れに真っ赤で、
帯揚げは桜染めのうすピンク。
草履は帯の色に合わせてカレンブロッソの黒台青鼻緒低底
とにかく歩きますからね。
自分の足もとを見下ろすと小豆色の着物の裾と青い鼻緒が見えて
大変違和感があるのですが、
全体を見れば、色のバランスが合っているのでOKなんですけどね。
かなり時間が経ったあとなので袖や帯周りがよれよれになってますね。
袖がよれるのは袖の上からバッグの取っ手をかけるからなんです。
ダメですね。

というわけで、Nさんとランチもご一緒していただき、
綺麗なモノをたくさん見せて頂いて
優美な日となりました。
感謝です☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-19 23:04 | 着物 | Comments(0)
<< 本山散策 三輪自転車 >>