和泉流狂言大会@能楽堂

和泉流狂言のお稽古発表会が26,27日二日間にわたって催されました。
やるまいぞさんの塗師平六は最初の日の午後だったので、
余裕で間に合いました。
c0021551_20585951.jpg
お!やるまいぞさんの女性役を見るのは
初めてかも・・・(^_^;)ゞ
いつもよりやや甲高い声?

やるまいぞさんは塗師平六の女房役。
(今年は塗師が流行り?冗談ですけど)
平六の師匠が京都から
平六を訪ねてやってきますが、
女房はその師匠が平六の商売敵になるかと思い
平六は死んだと嘘を言います。
その時、平六が仕事先から帰ってきたので
あんたは死んだことになっているから
幽霊になって、と言って・・・
幽霊を演じ地獄の有様を踊り語るのですが・・・

落ちが無い・・・
幽霊のまま狂言は終わってしまう。
う~ん、不思議だぁ~

それにしても、やるまいぞさんも、
いつもの相方さん(平六役)も
役にぴったりはまっています。
もう、何の不安もなく安心して舞台に浸れます。
あれ?という感じでさりげなく終わってしまいましたが、
終わるまではシュールな世界に浸れたことです。
シュールって?
だって、生きている平六さんが
急に死んだことになって
幽霊として面を付けて登場し地獄の様子を舞うんですよ。
師匠もそれに納得しているんです。
コレがシュールでなくてなんなんでしょう。

閑話休題

この後の2題はお子様登場。
面白いというか、かわいいというか、上手いというか・・
そのうちの1題が靭猿。
長唄にもあってストーリーは長唄と同じですが、
猿回しの猿の命が助かって喜びながら舞うのですが、
その舞の中に
今練習している外記猿の歌詞が色々出てきます。
家に帰って調べると、長唄の靭猿には
その歌詞は出てきません。
長唄の靭猿は靭猿のあらすじ部分で
外記猿は猿回しの舞の曲が色々入っているようですね。

いやぁ~色々発見があって面白いです☆

[PR]
by yamamotoyk | 2015-09-27 21:32 | 外出 | Comments(0)
<< 中秋ですがなにか? 能楽堂へ、名月前夜 >>