菊唐草帯

17日の土曜日は、
津賀田中学の講習会で会う小学生のお嬢さんに
石田流生け花のチケットを頂いたので、
勇んでお出かけです。
c0021551_17255471.jpg
織り柄のシルクウール、
もうずいぶん長く着ています。
帯が映えるので重宝しています。

帯は菊を図案化したもので、
もとは母の羽織。
丈の短い羽織だったので、
着ないと思ってほどき、帯にしましたが、
まだ、うまく帯が作れない頃だったので
かなりイマイチで、その後何度も作り直して、
なのに、未だにイマイチのままです。
今となってはこの帯も短すぎるので
また作り直すか、あるいは
残り布が十分あればもう一本新たに作るか
なんとかしたいと思っています。

さて、石田流のお花、
今回は芭蕉の句をテーマにした作品とか
c0021551_20415966.jpg
なるほど・・・・
c0021551_20423846.jpg
選んだ句の世界を表現する作品になっています。
c0021551_20431450.jpg
前に置いてある句を読みながらみると
挿絵のようでもあり、
舞台装置のようにも見えますね。

さて、目指す彼女の作品は・・・?
c0021551_20434593.jpg
おぉ~、ありますね。
こちらの流派は子供達にも力を入れているのでしょうか、
たくさんの若い人たちの作品が並んでいる一角に見つけました。
ステキな作品に仕上がっていますね!

見つけたので安心してもう一度最初から見ました。
c0021551_20433269.jpg
こちらもステキ☆

さて、次ははごろもさんに会いに呉服売り場へ・・・
松坂屋はただいま改装中で迷子になりそうです。
無事はごろもさんにお会い出来て
藤紫色の別の出会いもあって・・・
また改めて、書きましょう。(クリック)

おりしも街は名古屋まつり真っ最中(失念してました)
100m大通りの名古屋めしの催事で
昼食用のカツサンドやら肉まんやら手羽先やらを買って
急いで帰宅しました。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-10-18 20:58 | 着物 | Comments(3)
Commented by buribushi at 2015-10-19 12:50
おー、これもまたすっきりコーデ。
羽織から帯というのはいいですね。
持ち歩くのがいやで孫の結婚式にきもの着なかっただめばばです。終わってから花嫁の訪問着一式、妹の振り袖一式を畳んで荷造りしたら大汗で、私のまで無くてよかった、とは思いましたけど。
Commented by yamamotoyk at 2015-10-19 18:28
すばるさん、ありがとうございます。
お孫さん、ご結婚おめでとうございます。
自分の分だけでなく他人のお世話までなさるすばるさん、
お疲れ様でした。
正装の着物は重量がありますからね、
持って行くのは大変ですね。
でもステキな旅になりましたね☆
Commented by uzuztama at 2015-10-22 15:13
あらっ、私の紫の帯のネガポジ反転のような感じがします。
菊柄のものがピッタリの季節になりましたね。
すっきりとした装い、素敵です。
<< コアラ?パンダ?ネコ! イクラとアケビ >>