曙港コーデ

今日はやっとかめ文化祭関連の催事
能楽堂に舞い唄う「恋は神代の昔から」という会に行きます。

能楽堂は地下鉄浅間町の駅からちぃと歩くので・・・
c0021551_22064486.jpg
気兼ねのない着物はやっぱりウール・・・(^_^;)
曙横段ウールにしますか。
あまりなかったコーデにしようと思います。
だから、明け方の港ということで
藍型(えーがた)風船帯にしましょう。

今日は晴れて気温も上がるとのことでしたが、
基本、もう寒いので・・・
c0021551_22065099.jpg
スカーフのマーガレットとスヌードを2枚使い(左)で行きました。
スヌードだけでは帯の保護にならないし、
マーガレットだけでは首が寒いのと
前が寂しいからです。(右)
このマーガレットはやや短めで腕が出てしまうので
このアームウオーマー使いでOK?
あと日差しの中を歩くので帽子も。

羽織とスヌードでも良かったんですが、
暑くなって脱いだら荷物になるかな?と。
でも羽織りとスヌードの方がかっこよかったかな?
羽織りを出してみなくちゃね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-03 22:24 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2015-11-04 09:24
ウールのきもの。いまの季節にいいんでしょうね。持っていたのを上っ張りにしてしまいましたが、あまり着ないので、やっぱりきものにしておけばよかったと思います。
「きもので来た方に何々サービス」などという広告を時々見ますね。
Commented by yamamotoyk at 2015-11-04 21:45
すばるさん、ありがとうございます。
ウールの着物、着心地が良いので
真夏以外ずっと着ています。
世の中ではウールにはいかにもウール
という柄付けしかないので、
昔のお出かけ用のステキな柄物を見つけると
すぐ買ってしまうんですよ。
着物ブーム、未だ健在ですね♪~
<< 我が家の庭コーデ着物 やっとかめ文化祭 >>