干し柿モミモミ

今日の干し柿の様子です
c0021551_18371674.jpg
曇りがちの今日ですが、
時々日が当たります。
午後雨の予報なので
昼、出かける前には取り込みましょう。

c0021551_18372928.jpg
ちょっとシワシワしてきた感じがします

部屋に取り込んだ後、
洗った手で、そっと握ってみました。
あ、表面浅いところは柔らかいです。
数ミリ奥にはしっかりした柿の実が感じられます。
そっとモミモミしてみました。

柿によってだいぶ奥まで柔らかい物と
ほんの表面だけ柔らかい物がありますね。
ふわ~、なんか気持ちイイ☆
表面は乾燥しています。
先ほど、小さな虫さんが留まっていましたが
大丈夫だろうか・・・・

最近はもう小バエもいないのでいいとは思うけど、
暖かくて困るのは虫さんですよね。
乾くだけなら温度はある程度あった方がイイものね。
たとえば乾燥トマトは
イタリアの日照時間が特別長い地方で名産だし・・・
干しイチジクも南欧の名産だし・・・
へ~、織田信長がルイス・フロイスに干し柿を贈ったら
フロイスは干しイチジクと思ったんだとか(Wikiより)

調べると、(クリック)
渋柿の皮を剥いて干すのは、
皮を剥かれて皮からの呼吸ができなくなった柿のなかで
アセトアルデヒドができて
それが水溶性のタンニンと反応し
水に溶けない形になって
食べても舌で感じられなくなると言うことだそうです。
そして渋柿はもともと甘みが強いので美味しく頂ける
ということだそうです。

で、中国では吊さないで
籠で干すのでお餅のようにぺたんこなんだそうです。

干し柿は寒いところでしか作れないのかと思っていましたが、
そうでも無いんですね。
やっぱり虫さん鳥さんとカビ対策は必要だし、
陽に当たってもイイし
もっと言えば、外で干さねば、という事も無いようです。
要するにタンニンが変化すれば食べられるし、
保存性と味のためにちゃんと乾けば良いんですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2015-11-17 19:24 | 食べ物 | Comments(0)
<< 雨の牡蠣フライ 雨上がりの庭 >>