広重の花鳥版画

今日が初日の広重版画展@UFJ貨幣資料館、
時間を見つけてちゃっと行ってきました。
思いついたときに行かないとね(^_^)v
それにのんびりしていると、
いい絵はがきが無くなっちゃいますしね。

というわけで・・・
c0021551_18322662.jpg
広重の花鳥版画というのが今回のテーマだそうです。
広重というと旅もの
というイメージが強いのですが、
花鳥画も案外売れているとのこと

どうやら江戸の人に
部屋に飾る掛け軸の代用品として重宝されたらしい

今回は花鳥版画が26枚
うちわ絵が4枚
おまけの本朝名所6枚

という構成でしたが、
花鳥版画は1枚だけ芍薬オンリーで
あとはすべて植物(または風景)と生き物
しかもちょっとした文章(句や歌)が入っている
いいですよね~こういう構成
芍薬だけの絵がなんだか寂しく感じられました。
生き物がいると
途端に絵が生き生きしてますね。
動きが出てくるというか。
文字が読めればなお一層面白いのに・・・
読めないのが悔しい

浮世絵だとそれは当たり前と思うのですが
西洋画には静物画に生き物がいたり文字が書いてあったり
そういうのめったに無いですものね。

しかも今で言えば印刷物なので
一般大衆が気軽に飾れる安価な芸術品、ってね。

と言うわけで、貰ってきた絵はがきは・・・
c0021551_18323457.jpg
全然、花鳥画じゃないじゃん・・・
そうなんですよ。がっかり。

4枚の中から選ぶのですが、全部新作ですと言われても
全部似通った水辺の風景
東海道五十三次かな?
取り立てて変わったものがなかったので
赤の目立つコレにしましたが・・・
せっかくなので一枚くらい花鳥画があれば良かったのにね。
せっかく初日に行ったんですしね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-01-19 18:55 | 外出 | Comments(0)
<< ぱ~っと赤い花の帯 瀧流し@勧進帳 >>