夢二風小椿小紋

この一週間、とても気ぜわしかったので、力が抜けてしまった感じです。
朝の練習も瀧流しを弾くのがやっと・・・
居眠りしてしまいました。
そんな状態なので、何か元気が出そうなことを考えなくちゃって・・・
出番の少ないコーナーを引っかき回すうち出てきたのが、
c0021551_17380597.jpg
トロンとした感触の柔らかくて古い着物。
これはアンティークと言ってイイでしょう。
この手触りの良さに惹かれて買ったけど・・・
という着物です。

八掛は黒(表から透けるのが難点)
襟に黒い繻子でも付けて、
黒い帯でも締めれば
竹下夢二が描きそうな着物です。
c0021551_17424268.jpg
こまか~いツバキ柄の小紋です。

でも、夢二の女性にしては塔が立ちすぎている自分なので
敢えて、今風の帯にしました。
着てから裄も袖幅も小さいことに気づきましたが
襦袢の袖が着物とほとんど同じ色だったので
いいことにしちゃいました。

断捨離というわけでもありませんが
着物の数を減らさないとマズイ事態が到来しそうなので
これは処分候補です。
ヤフオクで売っぱらうか(面倒・・・)
人に貰って貰うか、布にするか・・・
布にするならスカーフとか三味線袋とか?
欲しい人います?

[PR]
by yamamotoyk | 2016-02-10 17:51 | 着物 | Comments(2)
Commented by buribushi at 2016-02-11 16:46
黄色はやっぱり元気な色ですね!春近し、春近し。

ところでうちのコメント欄が調子悪く、受信はしますが送信出来ないんです。以下は、送れなかったのでコピーして来ました。

うまこさま
この本面白かったです。最近、大欅の切り株・与板海のほとりだった説・から地形、地質などにとても興味が湧いて、それにぴったりの話満載でした。
私は髪の毛の断面が丸ではなく平たくて、一本一本がよじれるたちの癖っ毛なんですけど、これってアイヌ人種の髪なんですってね。
つまり夷、つまり縄文、と思うわけです。
お酒は飲めませんが。
Commented by yamamotoyk at 2016-02-11 22:05
すばるさん、ありがとうございます。
大欅の切り株が発端でしたか。
1060年と言えば、源頼朝の時代、
気候的に言えば日本温暖期。
今より暖かかったようですね。
あの大欅も幼木だったかも・・・
海岸近くに生えていたなんて夢がありますね。
<< 豚三枚肉 リンゴジャム >>