椅子の脚カバー

現在ダイニングキッチンの床はフローリングになっていますが、
長年、カーペットを敷いてきました。
椅子の床がガタガタいって1階に響くと困るとか、
床を傷つけたくないからとか、色々理由はありましたが、
今回の改装で床を替えることになったのと、
現在敷いてある敷物がよれてきたので
夫が敷物をはずしてしまいました。

さて、そうなると椅子と床が微妙にギシギシ言って
なんとなく気分がよろしくない。
あとわずかと言っても傷が付いた床は嫌なので、
椅子に靴下を穿かせることにしました。
でも、どうやって?

そういえば、捨てる衣服のなかに茶色の背広がありましたね。

というわけで・・・
c0021551_22104353.jpg
椅子の色と似た布を
適当な大きさに切って足に穿かせます。
ゴムで仮固定

c0021551_22105153.jpg
ビニールテープできつく3巻きほどします。
仮固定のゴムをはずします。
テープの下になってはずせないときはそのままで。
最後に上の余った布を切りそろえて完成。

しかし白い色のテープがちょっと悪目立ちするので
黒いテープを買ってきて上から一巻きしましょうか。

さあ、実際に座ってみましょう。

あ、ギシギシしませんね。
滑りもほどよく良い感じですね。
念のため机の脚にも穿かせました。
厚手の布がある間に良い大きさに切って
すり減ったときのためにそろえておこうかしらね。
改装したあとはフローリングのままだそうですから。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-04-26 22:27 | 手芸 | Comments(0)
<< 初夏の着物 今日見つけた花 >>