自家製ベーコン

引っ越しまであと一週間になってきました。
ぼちぼち使用頻度の少ない食器から箱詰めしましょうか。
ずっと台所の作業になるので、この時間を利用して
ベーコンを作ろうと思います。


c0021551_21255575.jpg
先週(19日)クレージーソルトと塩を半々にしてバラ肉の5%、
三温糖も同じくらいの量をまぶして、
c0021551_21253326.jpg
リードペーパータオルにくるんで
冷蔵庫のチルド室に入れておいたのを
c0021551_21252201.jpg
桜の枝で燻す予定です
古い中華鍋に桜の小枝が入れてあります。
煙が出てくる最小限の火力で
c0021551_21251113.jpg
もう一つの中華鍋をかぶせてます。

c0021551_21250401.jpg
箱詰め作業の間ずっと燻していたので
いつもよりしっかり茶色くなりました。
火を消してから冷めるまで蓋をしたまま放置
冷めたところで新しいリードペーパータオルに包んで
冷蔵庫に入れました

これで当分、炒め物の味付けには困りませんね。
週末の朝食にはベーコンエッグを作りましょうか♪~

クレージーソルトには塩以外のハーブが入っているので
塩分濃度が低くなります。
塩だけの5%では塩辛くなりすぎるので
水につける塩抜き作業が必要ですが
面倒だし汚染されそうだし
塩抜きの程度も難しそう。
だから最初から少ない塩を使うことにして
さらに風味付けが一度にできるクレージーソルトの使用は
一挙両得です

一方砂糖を使うのは
砂糖水分保持作用に期待するからです。
ただの塩漬けの肉から滑らかなハムの様な食感になるのです。

それと塩分を減らした分、
砂糖の保存性に多少でも期待できるかな、
というのもありますが、保存性を云々できるほど
砂糖も塩も濃くはないので
なるべく汚染されない様な注意が必要ですね。
今のところ問題は起きていません。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-06-27 23:01 | 食べ物 | Comments(0)
<< ムクゲとマンリョウ シマウマこさん >>