中学校へは白絣

今日は午後から津賀田中学でNPOの長唄講習会。
今日は夫が家に居るのでややのんびり気味でも
大ばあちゃんの部屋のお片付けが進みます。
気がつくと・・・あ、早く昼食食べなきゃ・・・・

というわけで、着姿撮る時間なし。
c0021551_21224669.jpg
仕方が無いので
お洗濯する前に取りあえず写真を・・・
はい脱いですぐ襦袢と着物を洗濯機へ入れました。

真っ白の着物に見えますが・・・
c0021551_21270725.jpg
半襟は、引っ越し中に発見された着物スリップの裾に付いていた綿レース。
使わないスリップなので思い切ってレースを切り取り
残りは処分
ステキな半襟になりました。

そして着物は、今日の行き先が中学ですからね、
昔の旧制中学の学生さんをイメージして麻の白絣

もともと男物で骨董市で見つけた物
丈が中途半端だったので
対丈で着るように前後の揚げを調整(クリック)して、
普通に合わせれば襟が抜けるようにしました。
腰紐は無し。
コーリンベルトと伊達締めだけで簡単素早く楽に着られます。
今日のように忙しい日でも大丈夫ですね☆

というか、着物に慣れない人に便利かも。
対丈というと丈だけ合わせてそのまま着るので
襟が抜けず、垢抜けない感じになるのですが、
繰り越しをしっかり取って仕立てれば、
対丈でもちゃんと襟が抜けます。
お端折りがなくなりますが、
わざわざ言わなければ気がつかない(^_^)v
お端折りが短すぎて隠れちゃうこともありますから、
結果同じですよね。

丈が短い着物の利用方法や、
男物の着物を女性用に簡単に直す時、
などに覚えておくと良い裏技かな、と思います。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-08-11 22:05 | 着物 | Comments(4)
Commented by uzuztama at 2016-08-12 13:23
涼しげな組み合わせですね。
これぞ夏着物といった感じです。

対丈で着ると腰紐がないせいか、じわじわと裾が広がってきてしまうのですが、うまこさんは大丈夫ですか?
Commented by yamamotoyk at 2016-08-12 22:25
uzuzさん、ありがとうございます。
麻の白絣、本当にこれぞ夏着物!ですね♪~

対丈は裾が広がりますか?
何しろもともとお行儀が悪いので、
裾が広がっているか否かということは、
考えたことがありませんでした。
コーリンベルトでしっかり捕まえているし、
歩く時、前がはだけないように
右手で褄をちょいちょい引っ張ったり、
無意識にあちこち引いたりしているので、
あまり対丈と言うことを認識することがありませんでした。
Commented by uzuztama at 2016-08-16 17:32
普段は裾をすぼめて着ていて、それと同じようにしようとするから広がってくると感じるんだと思います。
逆台形が長方形になって、「あぁまた広がった」と。
Commented by yamamotoyk at 2016-08-16 21:16
uzuzさん、ありがとうございます。
どうしてもお端折りの部分のバッファーがないので
美しく着ると言うところからは
離れてしまうのかもしれませんね。
裾を直そうとすると襟に影響しするとか、
いかにお端折りが大切かわかりますね。
<< 冬瓜!? カザグルマ小千谷に鮎の帯 >>