生落花生と夏名残の和風ラタトゥイユ

スーパーの地場産直コーナーに
生落花生が出ていました。

昨年まだならジーマミー豆腐を作りたいからと
すぐ買ったんですが・・・(クリック)
ちょっとそのエネルギーがないし・・・でも・・・

とちょっと悩んだ後、買っちゃいました。
だって比較的安かったし。

で、未練がましく生のまま殻をむきかけ・・・
でも、かなり未熟な豆も多かったので
ふと思って、しっかりしたのだけ殻を剥き
いかにも未熟なのは(湿っぽいのでそれとわかる)
殻のまま、全部まとめて15分塩茹でしました。

その後で残りの殻を剥くと・・・
c0021551_19185571.jpg
渋皮が色づいているのは一個だけ
大豆の未熟なのが枝豆なら
落花生の未熟はなんて言うのかしらね。
この辺りで生落花生と言って売られているのは
こういう感じです。

しゃきしゃきして美味しいのですが、
かなり未熟でほとんど豆になっていないのも多く、
そういうのは茹でてから剥いても
やっぱりあまりに小さい。

剥いてから茹でた方が塩もよく効くし、
茹でてから剥いても特に剥きやすくなるわけでもなく、
塩加減以外は特に変わりが無いので、
全部剥いちゃってから茹でた方が効率が良いかな。
結構たくさんあったし
コレばっかり食べているとえぐくなってくるし
(やっぱり茹で不足?渋皮も食べるから?でも渋皮も美味しい)

名残の夏野菜で和風ラタトゥイユを作ったので
それに入れちゃいました。
今日があまりに涼しいので(1ヶ月ぶりに最高気温30℃を切りました!)
名残の、なんて書きましたが
台風が行ってしまう明後日からはまた夏に逆戻りだそうです。

では和風ラタトゥイユの話はまた別の機会に。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-08-30 19:51 | 食べ物 | Comments(0)
<< 爽やかな夏の日には 肉の解凍 >>