宮川香山@瀬戸美術館

このところ、家の中のことが色々気になって外出することが減り、
運動不足、筋力低下が気になっていました。
日常の買い物は自転車なので、
外出とは言え、運動不足解消にはほど遠い現状。

そこで、思いきって、出かけることにしました。
と言うのはこのところずっと気になっていたのが・・・
c0021551_22552555.jpg
瀬戸市美術館に来ている宮川香山

瀬戸市美術館をグーグルマップで調べておき
地下鉄と瀬戸線を乗り継ぎ、家から約1時間・・・
で着くはずが・・・・

道路標識が不備でどんどん公園の中に進んでしまい・・・
(運動不足の解消にいい、なんて考えていたので、よけい)

c0021551_23022291.jpg
ま、でも大丈夫。
15分無駄にしただけで済みました。
15分余計に歩けたからヨカッタ☆とも言えます。

c0021551_23033630.jpg
美術館の中、入ってすぐの広い場所は撮影可能で
宮川香山の特徴の推移がわかる代表的作品が展示してあります。

一番、有名なのが
c0021551_23034652.jpg
このような立体彫刻が張り付いたような花瓶

細やか(極薄の花びらなど)でかつ迫力の造形、
スゴー!
という感じですが、色使いや陶器の肌などの
古めかしさも否めません。
その時代の好みだったので仕方が無いんですけどね。

しかしそれで終わる香山じゃないんですね。
研究を続け、生み出した技法でがらっと雰囲気が変わっていきます。
いきなり現代風というか、
洗練というか。

思い切って行ってよかったです。
自分の中で香山の技法に対する
実物を見る価値があるのだろうか?という疑念
写真やテレビ番組を見たからいいんでない?
という疑念が解消したし、
それはやはり、数ですね。
見るのにあまり時間はかからなかったのですが、
数はずいぶんあったので、説明は難しいんですが、
なんとなく納得できたというか、腑に落ちたというか・・・

それにたくさん歩けましたしね。
帰ってからはちゃんと三味線を弾く時間も取れたし(30分だけですが)

12月になれば敬老パスも買えるし
というか、なんとこの美術館も65歳以上は無料!
(瀬戸市民のみとは書いてませんよ)
でも、無料ではなくてもやっぱ、
出かける努力はしたほうがよさそうですね。
つい、貧乏性やら罪悪感があって自粛してしまう昨今。

老人予備軍(いや、もう老人でしょう)は
’きょうよう’と’きょういく’が必要なんですからね。
きょうようは今日用がある
きょういくは今日行くところがある。
用はいつだってあるんですが、家の中では運動不足、
庭仕事は畑があるわけじゃないので、たかがしれています。
やっぱ、出かけなきゃね。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-10-31 23:42 | 外出 | Comments(0)
<< サザンカ お風呂ワイパー >>