大正ロマン風(のつもり)

さて、今日は文化の日。
例年、東区では歩こう文化の道、というイベントが開かれます。
しかしこのところ、出かけられないでいました。
ところが昨夜、mixiを見ていると千夏さんの書き込みを発見。
大正浪漫着物道中というイベントがあるようです。
正式参加表明は時間的な関係で、むつかしいのですが、
道中の時間は午後1時から、二葉館前からと言うことで、
一緒に歩けそうです。

いつも飛び入り参加ばかりですが、
今回もドタキャンならぬドタ参させて貰おうと思います。

というわけで、大ばあちゃんのタンスから発見された
誰の物かわからないアンティークな羽織デビューということで。

決まっているのは羽織だけ。
着物はどれにしましょうか。
あまり大正浪漫的な着物は持ち合わせがないので
羽織に合うものといういうことで選択。
c0021551_22074368.jpg
羽織を引き立てる江戸小紋は
英のポリ(シルック)
帯はお召しの羽織から作った雲龍帯(クリック)

こってりしたイメージにしたかったので赤い半襟。
午前中にチクチクした物です(クリック)
羽織紐も取り替えておいてヨカッタ♪~(くりっく
でも、後から考えてピンクのベレー帽にすればもっとヨカッタかも・・

さて、午後からは・・・次に続く

さて、ポリの着物で歩き回るのはイマイチでした。
薄ら寒いか、急に蒸し暑くなって羽織を脱ぐ羽目になったり、
でまた寒くなったり・・・・
外歩きはいつもウールの私にとって
ポリの気温調節性はかなり悪いという印象でしたね。
とは言え、絹物の方がまだ良かったのか、経験不足で不明ですが・・・

[PR]
by yamamotoyk | 2016-11-03 22:17 | 着物 | Comments(0)
<< 大正浪漫着物道中飛び入り参加 半襟と羽織の袂 >>