おせち始動・きんとん

ボチボチ、おせち料理を始めようかと思います。
午前中近くのスーパーに買い物に行っただけで疲れてしまって・・・
午後ゴロゴロお昼寝、やっと開始。
c0021551_21182812.jpg
ありったけのサツマイモを厚めに切って鍋にイン
クチナシの実2個をガーゼに包んですりこぎで叩いて投入
串がすっと通るまで茹でます。

c0021551_21184066.jpg
暖かいうちに厚く皮を取り裏ごし
昔々、あこがれの馬毛の裏ごし器を使ったことがありますが、
思いの外使い勝手が良くなかったので
以後、このザルを兼用で使っています。

途中で疲れてしまって、ダウン。
その時、別の本を見ると・・・・
c0021551_21205919.jpg
フードプロセッサーを使うと書いてあったので
残りはそれで処理。
ちょっとできばえがイマイチでしたが、
楽は楽・・・(^_^)v

さて、秋に茹でて冷凍してあった栗、
甘露煮でないのが気になって・・・
突如
c0021551_21185985.jpg
甘露煮にしてみました。
極甘にしたくて、
200mlの水に200gの砂糖、
煮溶かしたところに凍っている栗のうち
形のイイ物だけ投入し
しばらく煮たところで、火から下ろしそのまま放置。

c0021551_21212133.jpg
一方、裏ごした芋に甘露煮のシロップだけを少しずつ注いで
極弱火で練り始めました。
シロップの中の栗を少し味見をすると甘かったので、
残りのシロップも味を見ながら、追加しつつ
結局全部入れて練っているうちに
透明感が出て滑らかになってきて、甘さも良い感じだったので
完成として、
栗も入れて混ぜ、
ふと思い、柚子ジュースを大さじ1.5入れて
終了にしました。
柚子の酸味が爽やかなきんとんになりました。
でも芋に対して栗が少なすぎたかな。

おまけ
c0021551_21214159.jpg
クチナシを包んでいたガーゼを拡げると
きれいな黄色になっていたので、
ふと思って
ミョウバンを煮溶かしてその液に浸け
洗って、この写真を撮ってから、ただ今、乾燥中。
クチナシを包んでいた部分は特に濃くなっているのが
残念と言えば多少残念かも。
それにしてもきれいな色になりました。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-27 22:14 | 食べ物 | Comments(0)
<< お正月飾り帯 大根寿司に柚子ピール >>