鯛の昆布締め

母が若い頃金沢に居たので、昆布締めに親しみがあって、
評判も良いので、このところ我が家では
我が家流・鯛の昆布締めが
お正月の定番になっています。

柳橋中央市場で買ってきた鯛。
お刺身用なので、早速処理開始です。
c0021551_19390134.jpg
昆布をさっと洗う感じで水を付け、しばらく放置
その間に、鯛の刺身を薄くそぎ切りにしますが・・・
全然うまく行きませんね。
気にしないことにしましょう。

昆布が柔らかくなったので
酢を少し振りかけてさらに置きます。

その間、鯛にはクレージーソルトを振りかけ全体によくまぶします。
クレージーソルトは香辛料などが入っているので
塩単独よりかけ過ぎにならないのが気に入っています。
もちろんちょっと変わった風味も気に入ってます。
変な味が気になる方は単なる塩にして下さい。

c0021551_19391450.jpg
拡げた昆布の上に塩をした鯛を並べます。
今回は昆布がたっぷりあるので
重ならないようにしますが、
昆布を節約するときは多少重なっても大丈夫。
この上に更に昆布拡げ、刺身を置いて・・・
と重ねて、最後は当然ながら昆布だけ。
c0021551_19392356.jpg
最後にラップでぴったり包み、
冷蔵庫へ。
このままお正月まで置くと
かなり、濃厚な昆布味の鯛になります。
塩と酢でちょっと酢締めに近い感じになりますね。
ワサビ醤油もいいですが、
何も掛けなくても美味しいです。

日持ちを考え、そうするわけで、
すぐ食べるなら、
ここまで酢と塩を掛けなくてもいいかも。

名古屋では昆布締めが一般的ではないので
昆布締め用の幅広昆布が無いのがちょっと残念
金沢に行ったときに
昆布締めにぴったりの幅広昆布を見つけ、感激したものです。

[PR]
by yamamotoyk | 2016-12-30 19:55 | 食べ物 | Comments(0)
<< 年越蕎麦と年越し餃子 好評・柚子ピール >>