黒豆

黒豆について母を思い出すことがあります。
私がまだ実家に居た頃、
母はアラフォーかアラフィフといった頃でしょうか、
石油ストーブで黒豆を煮ていました。
今年は上手に煮えた、と嬉しそうに言い
結局、良い豆を使えばうまく煮えるんだよね、
と結論めいたことを言ったのでした。
母はまだ黒豆を煮る練習をしていたのでしょうか。

黒豆はあまり好きではありませんでしたし、
いまでも、食べるのは大好きというわけでも無いのですが、
黒豆は毎回ちゃっちゃとうまく作れるわけでも無く
自分で煮るようになると、巧くいったとか、どうもイマイチとか、
それが挑戦意欲をそそるんですね。
食べるより、作るのが面白いのかもしれませんね。

というわけで、
今回も金山駅での京都丹波地方展で買った黒豆。
2番目サイズの豆です。

ジャム用の大鍋で煮始めました。
重曹入りはイマイチ好きになれないので
重曹無しの方の料理本のレシピに従い、

黒豆 300g
水 1.4リットル
砂糖 250g
醤油 大さじ2
いつもの様に
汁を煮立てた中にざっと洗った豆を入れて
蓋をして一晩
c0021551_10484157.jpg
翌朝、ジャム用の大鍋にベーキングペーパーと
金網の落とし蓋をして
最弱火でほとほと午前中いっぱい煮てほぼ完成

で、ちょっと味見をすると・・・・
なんだか、甘くな~い(T_T)
おかしいですねぇ・・・・
煮えつまり方が少ない?
もっと煮詰めましたが、やっぱり甘さチョー控えめ。
砂糖の量を量り間違えた?
でもどれだけ少ないのか不明なので
ミリンをぶっかけてみることにしました。
どぼどぼどぼ

そして、
c0021551_10450399.jpg
今回は
一昨年の東北の旅でゲットした鉄茄子(クリック)忘れず使用
ちゃんと黒いお豆になって
完成
(それでもやはり甘さやや控えめかな?)


[PR]
by yamamotoyk | 2017-01-02 11:30 | 食べ物 | Comments(0)
<< お正月の着物 謹賀新年 >>