芸協まつりin名古屋

大須演芸場で落語を聞いてきました。
毎年この時期に芸協の公演があるそうです。
こちらです。
チラシには平成17年度文化庁芸術祭協賛といかめしく書いてあります。
その割には街中でもポスター見ないし・・・

5時半開演で8時50分まで3時間半もありました。
半日楽しめる感じです(でも、夜だったのでちょっと疲れた・・・)
若手の前座に始まって、
落語あり、漫才あり、曲芸あり、講談あり、余興の踊りあり。
笑ったり、へぇ~と感心したり、拍手するのも案外難しい。
曲芸はおぉ~と言ったきり、拍手するのを忘れて・・・・
いえ実は、拍手すると落っことすんじゃないかと怖かったりして・・・
こういう生の舞台は、えぇ、面白がってますよ、と観客も見せるという意味で
双方向エンタテイメントなんですよね。観客も演技者なんですよね。
だから真剣に見なくちゃいけない。ちょっと疲れるかも・・・。
どうもテレビでぼんやり見ているというのに慣れてしまっていて、いけないね。

でも、さすが真打の落語は引き込まれますね。
ここでひとつ覚えたのは寄席で流れている三味線音楽。
出囃子ですか、落語家さんによって、曲が決まっているんですね。
ああいうにぎやかな曲が弾けるといいだろうな。
[PR]
by yamamotoyk | 2005-09-16 08:54 | 外出 | Comments(0)
<< 眼鏡フレーム 万博の予定変更 >>