ビーツとリンゴのジャム

つい買ってしまった(^^;)見切り品のビーツ
真空パックなのでま、いいか・・・
と冷蔵庫に入れておいたのですが、
いくら何でも何とかしないと・・・・

と色々レシピを探すも、
あまりの超弩級ピンクに・・・・
食欲が削がれます。

ならば、いっそのことジャムにすればいいかも、と
c0021551_22024067.jpg
リンゴと一緒に煮ることにしました。
1.75kgもあったので
砂糖は600gと約1/3にしました。
で、酸味が不足かも、と思いポッカレモンもふんだんに掛けました。

しばらく煮たあとハンディブレンダーでウィ~ン
味見をすると・・・甘酸っぱいだけ(>_<)
しかも野菜っぽい匂い・・・(漬け物用の)赤カブの匂いと似ています。
赤カブとは種類が違ってほうれん草の仲間なんだそうですが、
匂いは赤カブに似ています。

一応リンゴが多いので
シナモンをたっぷり掛けますが、あまり効果なし。
いっそのこと・・・バニラエッセンス
全然効果なし(>_<)

バナナでも入れればもう少しこくが出たかも・・・
こく?んじゃ・・・例のアゴ昆布ダシ(クリック
そうね、コレはちょっとよかったかも。
黒糖も少し。ただし、溶かすのに時間がかかりすぎなので、
ほんの2カケだけね。

というわけで
c0021551_22103865.jpg
結構たくさん出来ました。
ビーツに甘みがない分、砂糖控えめになってしまいました。
保存性を考えたら砂糖は1/2でもよかったかも。

この赤い色はジャムにはなかなか魅力的ではありますが、
1パック開けると
ずいぶん沢山になってしまうのが問題です。

抗酸化物質など、多くの好ましい栄養素が含まれると言われますが、
味と香りがやや泥臭いというか・・・
色が強すぎるというか・・・
従って、料理としてのイメージが作れません。
だから、しばらくは様子見ですね。

[PR]
by yamamotoyk | 2017-11-12 22:39 | 食べ物 | Comments(0)
<< 窓拭き 菊と栗きんとん祭 >>