小豆を煮たらおぜんざいになった!

豆に対する苦手意識を払拭しようと
この10年ほど毎年黒豆を煮ています。
花豆もこの数年頂くので、煮ています。
今度は小豆を煮てみようと思いました。
でも、記事を探すと2008年に煮てましたね(^_^;)
何が苦手かというと、
味や匂いもさることながら、
結構噴きこぼしてしまうからなんですね(>_<)

でも、小豆は噴きこぼれないようです。
袋に書いてあるとおりに一度ゆでこぼしてから煮ると
c0021551_21413684.jpg
しゃびしゃびの小豆汁ができたので、
説明書通りに餅を入れて、さらに煮ると・・・
c0021551_21433898.jpg
美味しいおぜんざいになりました♪~

さて、今年の黒豆は
今までと違って、普通の豆のように一晩水に浸し
朝からごく弱火で煮始め、
煮始める時に入れるはずの砂糖を忘れて
後から入れたのが幸いして
一度噴きこぼれたのですが砂糖がまだ入れてなかったので
周りがベタベタにならなかった(^_^)v
その後、噴きこぼれない火の強さがわかったので
何だか一つ吹っ切れた気がします。

この調子でインゲン豆も煮て
味を付けずに全部冷凍。
サラダなどに好きなだけ入れるという技も獲得。

今シーズン残りの花豆も
この方式で煮てみようかしら。
あ、その前にもう一度小豆を煮ようかな。

豆類に対する苦手感も
だんだん薄れてきたようです。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-01-09 22:10 | 食べ物 | Comments(0)
<< お正月飾りちらり帯 三味線用譜面台たくさん >>