色いろニンジン

年末になると
おせち料理に使う特殊な野菜がお店に並びます。
色の赤い金時ニンジンもそうですが、
今年(昨年末ですが)はまた新しいニンジンを見つけました。
c0021551_21522769.jpg
左が金時ニンジン
白っぽく見えますが、
一皮剥くとかなり赤いです。

一番右がいま普通に見る西洋ニンジン
(5寸ニンジンと言うらしいです)

で、今回見つけたのが真ん中のちょっと赤いニンジン

c0021551_21555182.jpg
左が一皮剥いた金時ニンジン、短く切りました。
真ん中のが、
京くれない という名前のいいとこ取りのニンジンらしいです。
金時ニンジンのリコピンと
五寸ニンジンのカロテンの
両方バランス良く含まれ
味もよいとのこと。

五寸ニンジンよりは多少長めですが、
金時ニンジンより短く、栽培も容易だそうです。

さて、3種類もニンジンを買ってしまいましたが、
冷蔵庫に入れておけば問題なかったです。
さて、これから市場はどうなっていくでしょうね。

ちなみに私が子供の頃(60年ほど前)は
ニンジンは今より細くてずっと長かったです。
ちょっとゴボウに似ていましたね。
ある時期から急に今のニンジンに変わりました。

西洋ニンジンと私は呼んでいますが、
30年ほど前のアメリカでは、
もっと短くて細くて硬いニンジンばかりでした。
あら・・・西洋では西洋ニンジンは主流でなかったのね。
あ、西洋ニンジンの中の種類が違うのかな。

ちなみにカボチャも私が子供の頃、
日本カボチャから急に今の西洋カボチャに変わりましたね。
和風に煮る時は、甘くほくほくした今の西欧カボチャより
あっさり、ねっとりした日本カボチャの方が
私は好きです。
でも、日本カボチャってあまり見かけないんですけどね。

[PR]
by yamamotoyk | 2018-01-12 22:44 | 食べ物 | Comments(0)
<< クワイ 鏡開きだ!イチゴ大福だ! >>