ふいご祭り

金山総合駅を南(ボストン美術館の方)に出て、
そのまま進み、信号をわたって、細い道をさらにまっすぐ進むと、
少し広い通りに出ます。そこを右に曲がると、細い路地の奥に金山神社があります。
c0021551_19345119.jpg

縁起には熱田神宮の御修理職の鍛冶、尾崎彦四郎の祖が屋敷内に勧請したとか、
と言うわけで、金山の名の通り鍛冶屋さんの神様がまつってあるようです。
敷地は350坪弱と、広いとは言えませんが、
樹齢700年のイチョウの巨木(愛知県内最大級らしい)があり、
社殿等も立派です。さらに5柱の神様がまつってあって、
もう1本イチョウの巨木と楠の巨木も3本ほどあるので、敷地内はもういっぱいです。

知り合いにこの神社のイチョウのギンナンを頂きました。
なかなか粒の大きなギンナンですが、今年は例年になく不作だったそうです。
c0021551_19394811.jpg


さて、この神社の例祭が鍛冶屋の神様だからふいご祭りと称し11月8日にありました。
ふいごというのは鉄を作ったり、鉄製品を作るのに火の勢いをつけるために
風を送る装置です。もののけ姫に出てきましたね。
昔は境内でも鍛冶の様子を実演したらしく、
近年にも一度やったらしいのですが経費がかかりすぎるので以後止めたそうです。

境内ではおぜんざいを振る舞っていたので、一杯頂いて、
5時からお神楽、6時からカラオケ大会の予定ということでしたが、
折からの強風と吊られた裸電球と垂れ幕のせいか、
ちょっとしたぼや騒ぎがあり、残念ながら中止になってしまいました。
出番に向けて準備をしていた巫女さんの写真だけ撮らせて頂きました(感謝)。
c0021551_19401275.jpg

今年はさらに御神輿が新しく作られたとかで、
昼間金山一帯を練り歩いた後、お社の中に鎮座していました。
c0021551_19362663.jpg

来年こそは、お神楽が見られるといいな、と思いながら、
木枯らしの吹く名古屋の街を帰途につきました。
[PR]
by yamamotoyk | 2005-11-10 20:04 | 外出 | Comments(2)
Commented by 白雪ママ at 2005-11-10 21:58 x
へ~こんなお祭りがあったんですね。
ただいまその近くに住んでいるんですよ。
おもしろいところ教えてくださいね。
Commented by yamamotoyk at 2005-11-10 22:20
時々思わぬ所で変わったお祭りに出くわすことがありますね。
何か見つけたら、また書き込みしますね。
<< 着物で船遊び 三味線屋さんのおじいさん >>