ギンナン

今年はもうずいぶん前に街路樹のギンナンを拾っている人がいたが、
あれは台風の落とし物だったのか、
スーパーの野菜売り場のギンナンは一向に安くなってこない。

そう言えば、金山神社のギンナンも大変な不作だったと言っていた。
息子がいる富山でもギンナンが降ってこないらしい・・・

そんなある日、デパートの北陸新潟名産展の野菜売り場に
白山のギンナンというのを見つけました。大袋1ヶ525円(税込み)
大小様々なサイズの実が混じっています。♪
c0021551_9192726.jpg

早速、ギンナン割りでわって、量が多かったので、
お玉杓子でこすりながら塩ゆでにして皮を剥きました。
c0021551_9212185.jpg

うふふ、沢山できました。
色もほんのり緑できれい。冷凍して、一年間、大事に使います。
[PR]
by yamamotoyk | 2005-11-19 09:23 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by ずず at 2005-11-19 13:06 x
ぎんなん、おいしそう~~
子供のころは大っ嫌いだったんだけど
ビールのアテに楊枝にさして揚げたぎんなんいただいてから
すっかりファンです。
あと殻を叩いてから焼いた銀杏もなかなか^^
Commented by yamamotoyk at 2005-11-19 17:13
揚げたギンナン、いいですねぇ。
殻ごと焼いたギンナン、ですか?これもいいですねぇ。
殻焼きはもう無理だけど、揚げギンナンなら、これでもできますね♪
子供には毒だから、嫌いでいいんですよ。
(大人は毒を分解できるらしい)
<< 桐 ゲイジツの秋 >>