八王子車人形

北文化小劇場で、西川古柳座の八王子車人形いうものを見てきました。
江戸時代には各地で人形浄瑠璃やからくり人形のような人形劇があり、
現在でも180くらい残っているようです。

八王子市にもそのような人形があったそうですが、
人形浄瑠璃は一体遣うのに3人いるので、江戸時代末には人手不足になり、
何とか少ない人手でできないかと、
人形遣いが車付きの箱に座ることにより
一人で人形を使うようにして生き残りをはかったのが、
八王子車人形ということです。

始めに三番叟。
次には解説付きの実演があって、
お客さんが2人舞台に上がって実際に人形を遣わせてもらいました。

しまった!着物を着ていったので、舞台に上がれなかった。
ズボンをはいていくべきだったのです・・・残念

で、最後に落語家の春風亭小柳枝さんの語りで、「死に神」 を見ました。
落語の語り口が内容にぴ~ったり♪
いやいや、とっても面白かったです。
大変貴重な物を見せて頂きました。勉強になりましたね。
c0021551_18312869.jpg
で、今日の雪の中、ウールで出かけた私は
道がぬかるんでいることを予想して、
ちょっとだけ短めに着た着物に
ムートンブーツという出で立ち。
ぬかるみも何のその。
マントとブーツでぽかぽかです。
帰りに立ち寄った靴屋さんでパチリ。
ブーツもムートンなので
着物が擦れなくてよかったです。
ムートンじゃない時は
ブーツの上にレッグウオーマーをかぶせるといいかも
[PR]
by yamamotoyk | 2005-12-23 18:45 | 外出 | Comments(2)
Commented by ぶり at 2005-12-23 23:32 x
かっこいぃー、サマになってるぅ♪
長靴を履いたことあるけど、ムートン・ブーツの方が何倍も格好いいなー。
Commented by yamamotoyk at 2005-12-24 08:24
はい、ぶりさん。ちょっと恥ずかしいです。
もこもこブーツは結構歩きにくい感じですが、
ばさばさ歩いた後はちょっと様になります。
雪ん子のイメージなんですが・・・
上がマントなので、あまり目立たないつもりです。
<< クリスマス・イブ 雪遊び >>