新年会

昨日とある新年会があって、行ってきました。c0021551_9134522.jpg
めいっぱい着飾って行ったら
女将(おかみ)といわれた・・・・
本物の女将は総絞り(おそらく地元の有松絞り)の
一般に2部式着物と言われている物で現れた。
戌年って言ったっけ、そうなら84だ・・・

この着物は例の片身替わり
HP中には書いてないが、
袖が1尺4寸。普通の物より3.8cm長い。
ぱっと目にはそれほどわからないが、
座っていると、長い袂が
しばしば、ふまれることに気づいた。

この手の着物は立席のときに着ていこう・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2006-01-29 09:30 | 着物 | Comments(2)
Commented by ぶりねぇ at 2006-01-29 18:51 x
やっぱり、これいいですね♪ 帯締めも、半分色違いのようですが、八掛に合わせられたのかしら~ 素敵。
ヘチマの帯枕、拙ブログで紹介させていただきました。
Commented by yamamotoyk at 2006-01-29 22:26
はい、ぶりさん、ありがとうございます。
帯締めはきんきんの帯に合わせて
礼装用の(しかも出番のない)ピンクの帯締めです。
ご指摘のように裏(ピンクの総裏)に合わせました。
で、実は白っぽい所が模様です。

ヘチマ枕、紹介していただきありがとうございました。
<< 和裁? スープ料理 >>