ポーク&ビーンズ・あら・トマト?

お正月の黒豆以来、お豆づいています。

新聞で白インゲンと骨付き鴨の煮込み(フランス風?)
の記事を読み、やってみたくなり、でも、白インゲンがなかったので、
金時豆と鶏の手羽元煮込みを作ったのですが、
金時豆の匂いがイマイチで息子にも不人気だった。

節分が過ぎ、豆まき用の豆が半額になっていたので、
(生の豆と単価が同じで煎ってあれば、光熱費が浮く♪)
早速買って、また挑戦。

今回はポークアンドビーンズ・ア・ラ・うまこです。
煎った大豆を水で煮て煮立ったところで
骨付き豚(これも半額だった)を入れて煮る。
この日は別のメニュー予定だったので、食べずに、
次の日に固まった脂を取り、もう少し、豚のかたまりを入れて、
これだけがおかずではちょっと野菜不足かと思い、
缶詰のトマトを入れて、マイタケも入れて、塩で味を付け、
はいできあがり。
チーズをふって、タバスコをかけて赤ワインとともに。
c0021551_2291422.jpg

ご飯はこの日頂いた黒豆おこわ(ほんのり梅干し風味)。
違和感なくとっても美味しかったです。

ポークアンドビーンズはあこがれるのですが、いつ食べてもまずい。
でも、カウボーイの常食だから、素朴で飽きが来ないはず。
とりあえず、トマトを入れれば、普通に美味しいことがわかった。
とくに骨付き豚がとても美味しかった。
これは、バーベキューにすることしか知らなかったので、
煮るのは新発見。肉の量としては割高なので、
売れ残りをねらえば、デイリーおかずに昇格できるかも。
でも、ちょっとくどいので、今回のように一人一本程度で、
あとは普通の豚(カレー用)がいいですね。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-02-07 22:22 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by eribow at 2006-02-10 21:35 x
美味しそうですねえ(涎)。沖縄料理が好きなので、骨付きの豚はしょっちゅう購入して茹で豚にしていますが、こういう食べ方もあるのですね(メモメモ)。舞茸が個性的ですね。
Commented by yamamotoyk at 2006-02-11 20:40
はい、ありがとうございます。
炒り豆から茹でて、トマトの缶詰で骨付き豚とともに煮たのは
おいしかったです。茹でまめとはやはり違います。
生豆より時間はかかりませんし。
前日から煮ておく事もできるので、
忙しい日の夕食にはいいです。
原則買い物は週一なので、
この時合いそうなのが、マイタケしかなかったんです。
野菜とともにできるだけキノコ類を食べるようにしています。
<< コーリンベルト マドレーヌ >>