カボチャの種

カボチャをよく食べますが、種子が悩みの種でした。
ほかの生ゴミと一緒に庭に埋めると
芽を出して、どんどんのびてくるのです。
そのままにすると花が咲いて、カボチャができるのですが、
その頃には庭いっぱいになって
ほかの草花を枯らしてしまいます。
ならば、抜けばいいのですが、
どんどん芽を出すので、面倒だし、なんだかかわいそうです。
なので、カボチャの種だけは、埋めないで可燃ゴミに出していました。

カボチャの種は食べられるはずです。
そこで、洗って煎ってみました。

殻を割ると実が入っています。
売られているのよりずいぶんやせていますが味は似ています。
食べるのは結構面倒ですが、捨てるゴミが減って、ちょっとほっとしました。
フルーツケーキに入れて焼いてみました♪
[PR]
by yamamotoyk | 2005-01-19 22:37 | 食べ物 | Comments(0)
<< 草履の鼻緒 近鉄の旅 >>