ワンピースが帯に

今日は雨の予報。
なので、お稽古はやっぱりウールの着物で・・・
帯くらいは違った物にしようと、あれこれ引っ張り出して、
そうね春だから、ピンクの花に・・・
c0021551_17411642.jpg

鏡で撮るのはなかなかピントがあわない。見づらくてごめんなさい。
この帯はもともと若い頃のワンピース。
あまりにウエストが細くてほとんど着ていない。
(誰こんなにぴったりした洋服仕立てたの?)
生地(レーヨンだけど)がとてもステキだったので、
ずっと洋服ダンスの片隅にいました。
こういう時本当に洋服ってもったいないです。
ほどいても細切れの布にしかならない。

でも、なんとか着たいので、色の合う布(緑)を買ってきて
ほどいた布をそのままその布にのせて、
模様に合わせて刺し子か刺繍のように縫って、
要所要所ワタを入れて盛り上げました。
そして、縫いつけた布をさらに帯に縫いつけました。
なので、帯の手はもとの帯のままの色です。
(前からは見えませんがショッキングピンクです)
c0021551_17542780.jpg

後ろ姿は以前に撮った写真で・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2006-03-22 17:59 | 着物 | Comments(2)
Commented by まぜごはん at 2006-03-26 13:44 x
刺し子か刺繍のように縫って、要所要所ワタを入れて
すごい手間がかかっているんですね(@_@)。
こちらの作り方を読んで、一度作ってみたいと洋服地を買い込んであるんですが、なかなか(^_^;)

こんな柄は帯地では考えられないですよね。
地色の黒とピンク、足し布の緑の対比がパワフル!
Commented by yamamotoyk at 2006-03-26 14:24
はい、まぜごはんさん。でも、私の刺し子は何せ物を知らない素人の仕事、
なので、チクチク花の回りを縫っただけ。
大変と言うほどの作業ではありません。
もとの布がとてもきれいで、
それが盛り上がると
プチプチ模様が、まるでビーズを付けたように
立体的になるのが嬉しくて
思わず針が進む・・・という具合です。
とてもパワフルな色と柄だったので、
合わせる布に苦労しました。
<< 桜染め 3/19の歳時記 >>