新人さん

嬉しいことに、今日、三味線教室に、新人さんがきました♪
先週の無料体験教室に来ていた人です。
サクラじゃない人が2人いたので、
ちょっと皆で期待していたのですが、
その2人は友達というわけではなかったようです。
とにかく、一人増えたのは、うれしいですね。
何とかやめないで続けていって欲しいです。

でも、問題は9月の文化センターの発表会。
え!発表会?着物なんでしょ?いや~ん、こまる~。
それがたいていの反応なんです。
それを何とかするのが私の係か?
ぼちぼち、作戦を考えなくては。
(私は三味線教室に行ってるのか、着物対策室に行っているのか?)

さて、今日は東京のお師匠さん、
新人さんがいるということで、基本練習に力が入りました。
1の糸から3の糸まで、順に弾くのですが、
新人さんがテンと弾く時に我々はテンテンとか、テテテンとか弾くんですが。
おのおのの糸を弾く時の手首の角度をしっかりイメージして、と言われました。
そうか、角度をきちんと体で覚えるのだ。(何となくやってはいましたが)
さらに私はバチが流れると注意を受けました。課題です。
内緒なんですが、実は私にはもう一つ大きな課題があるんです。
糸を押す左手の位置により、右手がそれに付き合ってしまうのです。
左手が右の方(高音)へ行くと右の手まで右へ・・・左へ行けば左に。
ばちを持つ手は左右に動いちゃダメなんですよ、当然ですが・・・
[PR]
by yamamotoyk | 2006-04-05 22:06 | 三味線 | Comments(4)
Commented by ぶり at 2006-04-05 22:25 x
なんだか、身につまされます。 
数年前、十数年ぶりに、夏の薄物着て、主人と出かけたら、「じっとしている時はええけど、動くとケッタイや」との酷評。 そんじゃ、茶の湯で、立ち居振る舞いでも、、、と再開。 動機の不純なヤツですので。。。(^^;)
その新人さん、続くといいですね♪
Commented by yamamotoyk at 2006-04-05 23:05
着物の立ち振る舞いを洗練されたものにするために
茶の湯を始められたのですか。
ご立派!
私は・・・?不安です。

新人さん何とか止めないように
なんとしてでもサポートにこれ勤めねば。
Commented by ぶり at 2006-04-05 23:21 x
うーん、そんなに立派かな~ 夫の言葉が堪えた、グサッときたのが正直なところです。 普段は静かな(でも、決しておとなしくはない)夫に指摘されちゃったので。。。(ポリポリ)

新人さんが続けていく環境づくりって、行けば楽しいところ~♪、、、でしょうか。
うまこ様から、楽しいオーラが出ているので、大丈夫だと思いまーす♪
Commented by yamamotoyk at 2006-04-06 22:05
なるほど。ぐさっと来たのが、
固い決意につながったというわけですね。

行けば楽しいところ・・・なるほど。
私はいやな奴になりかねないので
(変にくそまじめ。直上の先輩がやめてしまったのは私のせいかも)
楽しいオーラ・・・出すように心がけます。
<< ぼたん帯 ヨモギスパ >>