三味線Ⅴ

さて、糸と勘所表を買って家に帰り、
さっそく三味線を取り出します。

ふむふむまずは勘所表を貼ってみよう。膨らみの端に貼るのね。
はい、貼りました。

次は糸。三味線の糸は絹糸で作った太い紐にゆわえてあります。
となりの糸のやり方を見て慎重にまねをします。
なんだか変。あ、ちょっとしたところが違いますね、はいやり直し。

苦戦して、糸巻きにも巻き付けます。
この糸巻き、ただ穴に刺さっているだけなのね。
テーパーになっているので、抜けないようにぎゅう~っと差し込むしかないのね。
糸巻きを押さえながら糸を巻きつつねじ込んでいきます。
ん。なんとか巻き戻らなくなりました。


ところがそんなことをしている間に一番左の太い糸、1の糸もピッチンと切れてしまった。
あやや・・・
1の糸は直接木に乗っていて、となりの金属に触れるのでささくれていたようだ。
どこかのHPを見ていたら、音を微妙に響かせるためにそうなっているとか。
やれやれ、もう一本も張り替えました。

さて、いよいよ、駒を糸の下に入れて弾いてみます。
音あわせはよくわからないので、適当に。
う~ん、それにしても、合わな~い!
とにかく練習しなくては、と焦ってさくらさくらを弾きますが、とっても変!
[PR]
by yamamotoyk | 2005-01-24 09:39 | 三味線 | Comments(5)
Commented by ナージャ at 2005-01-24 18:46 x
なんのかのと言いつつ楽しそうですね
結婚した頃、義母にさくらさくらを教わりました。
歌だけがいいと言ったらそういうのはないと、
言われてそれから長唄とは縁がありません。
娘が多少習いましたが、2上がりだ3下がりだと
音あわせが面倒そうですね。
頑張って!
Commented by yamamotoyk at 2005-01-24 23:17
はい、よくわかんなくて、
試行錯誤している時が一番楽しいのかもしれませんね。
この時のことを後まで覚えておきたくて
こうして記憶が新しい間に書いています。
Commented by くり at 2005-01-26 01:34 x
うまこさんーん、おひさしぶりです。
三味線を始められたのですね。
わたくし、小唄2年目の初心者です。
よろしくお願いします。
Commented by yamamotoyk at 2005-01-26 21:54
あ、くりさんご無沙汰してますぅ。
ようこそおいでくださいました。
小唄はひょっとすると、長唄より難しいのかも、
と今思っています。
おたがい頑張りましょうね。
Commented by yamamotoyk at 2005-01-26 22:06
と言っても実は小唄が何で長唄が何か
まだよくわかってないのです・・・(端唄というのもあったなぁ)
清元や常磐津は云々という話を今日聞いたのですが、
へ~ へ~ へ~  ?? じぇんじぇんわかんなぃ~
<< 三味線Ⅵ お三味線Ⅳ >>