すりばち

ゴマをするのではありません。三味線の撥の話です。
最近、三味線を弾いていると、なんだか、きゅっきゅと音がして、いやな気分です。

以前もそんなことがありました。
撥をさわると、糸が当たるところに縦に筋がはいっています。おやおや。
発表会の練習に象牙の撥を使うと、象牙の撥まできゅっと音がします。

そこで、以前買ってきたサンドペーパーで、撥をこすってみました。
ちょっと良いような気がします。でも、こすったあとがザラザラ。
象牙もちょっとこすってみますが、やはりザラザラ。
よけいに傷を付けている気がします。

ホームセンターへ行って、砥石、サンドペーパー、ヤスリのコーナーを
子細に眺めました。
サンドペーパーの目の細かさには番号が付いているようですが、
砥石にも番号が付いています。共通なのかどうかわかりません。
とりあえず、一番細かい2000番の水ペーパーを買いました。
c0021551_2236728.jpg

早速、木撥をこすってみました。ん、いいじゃん。
気をよくして、象牙もこすってみました。
よくわかりませんが、とりあえず、余分な傷はつかないですね。
使ったあと、ペーパーは洗いました。
本当は水を流しながら当てると良いのでしょうけれど、
木撥でそれはちょっとマズそうだし・・・・

明日、弾いてみましょう♪~
[PR]
by yamamotoyk | 2006-09-01 22:44 | 三味線 | Comments(0)
<< 秋の気配 一皿冷やしゃぶ >>