歳時記と猫

c0021551_19342218.jpg
やっと白い秋明菊が咲いてきました。
ピンクの秋明菊は今や満開。
倒れたままなので、
まさに咲き乱れた状態です。
c0021551_19361163.jpg

倉庫の(焼けてないけど)トタン屋根の上では
最近ホワイトソックス氏猫のあとをついて回って、
しんねこになっている新入りまだら三毛かあさん。
c0021551_19402362.jpg


二階から見えないところで、子猫の鳴き声がすると思っていたら、
こんな所に逃げ込んだのね、猫っこ母さんのチビ。
黒い方は見えないところに逃げたもよう。
c0021551_1942173.jpg

この子は毛の艶がないし、目ヤニで目がしょぼしょぼしている。
やはり二匹はちょっと大変なんじゃない?
[PR]
by yamamotoyk | 2006-10-13 19:48 | ねこ | Comments(2)
Commented by サランラップ at 2006-10-14 07:04 x
秋明菊って、初めて知りましたが美しい名前ですね~。
名前に惹かれてちょっと調べてみたら、菊の名前がついているけど菊の仲間じゃなくて、キンポウゲ科の植物でアネモネの仲間とか・・・。
そういわれてみると、なんとなくアネモネに似てるような・・・(笑)
花言葉は、「忍耐」「薄れゆく愛」
それでも、倒れたままこんなに咲き乱れると、愛が盛り返しそうな勢いですね。
Commented by yamamotoyk at 2006-10-14 07:52
はい。サランラップさん、そうなんですよね~
地植にすると、結構大きくなってどんどん増えて茂るんですよ。
ただ大水飲みなので、切り花では水揚げ困難。
切るとすぐしおれるから、薄れゆく愛かしら。
大風で倒れたままでも、忍耐強く咲いてますね。
<< 祭り ドラゴンズ・リーグ優勝帯 >>