猫の朝

さて、まだら母さん猫が子猫を呼んでいます。
私もその声に呼ばれて出てみると、
フェスの向こうで子猫の動く気配がします。
子猫はフェンスのこちら側に来たいのですが、成長したので、
フェンスの編み目を通るのに苦労しているようです。
(しまったカメラが間に合わない)
まだら母さんは辛抱強く離れて見ています。
やっと通り抜けて (でも、もしひっかっかたままになったらどうするんだ?)
母さん猫は急いで近寄り大丈夫だったかい?とでも言うように
背中の辺りを舐めます。
程なく今度はホワイトソックス氏が現れ、
一家団欒と言った雰囲気になりました。
しかしホワイトソックス氏は今朝はゴロゴロしていません。
駐車場の車を順に匂いをかぎ、車の同じ位置にマーキングをしていきます。
一家もぞろぞろ付いていきます。
c0021551_16571.jpg

でも、ついにホワイトソックス氏はそのまま縄張り点検に行ってしまい、
母さんと子猫は追いかけるのを止めました。
猫版おかんと僕と、時々おとん、と言った感じです。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-11-23 16:12 | ねこ | Comments(0)
<< 廃物利用 帯♪~ >>