姫リンゴを楽しむ

姫リンゴは観賞用のリンゴの木で盆栽にしたり、庭木にされたりします。
アメリカではクラブアップルという桜の木のような木があって、
カワイイ実が付いているのを公園などで見ることがありましたが、
どうも同じ木のようですが、仕立て方が違うので、
まさか同じ木とは思いませんでした。・・・・閑話休題。

c0021551_1839491.jpgさて、我が家の姫リンゴも大きくなって、
と言っても1mくらいですが。
ずいぶん実が付くようになりました。
でも、この実だけは
ヒヨドリも誰も食べません。
いつも春にはむなしくしぼんで
落ちてしまいます。
なぜ?
ちょっとかじってみました。
皮が固いし、なにより・・・
シブ~イ!口がひん曲がりそう。


c0021551_1852752.jpgでも、結構甘酸っぱくて、
おいしいんです。
渋くさえなかったなら・・・
そうだ!ワラビやゼンマイのように、
あく抜きすれば?
重曹を入れた熱湯の中に入れて、
そのままちょっと煮て、
冷めるまで放っておきます。
煮汁が緑っぽい黒になりました。
かじってみると渋くないです。成功!


c0021551_18525656.jpgこのリンゴの実は
ローズヒップのように
シッポがあるので
それは切り落としました。
煮たら、ちょっと間の抜けた
味になりました。
まだ実がしっかりしているので、
もっと煮ても大丈夫のようです。


c0021551_18535390.jpg
ジャムのようにリンゴの重さの半分の砂糖と
水で砂糖煮にしました。
う~ん、でも、まだちょっと物足りないですね。
煮沸した瓶にリンゴだけ先に入れて、
汁を煮詰めてから、瓶に注ぎます。
シロップ漬けみたい。
こういうのをコンポートというのかしら?

冷めてから試食しました。
種子はないのですが、芯と皮が多少もそもそします。
でも、おいしいじゃん!
まるで種なしサクランボみたいなリンゴの砂糖煮完成!
これで姫リンゴの姿と味を楽しむことが出来るようになりましたvv
[PR]
by yamamotoyk | 2006-12-13 19:08 | 食べ物 | Comments(0)
<< 今日の着物 バーベキュー風リブ >>