新・ポテトグラタン

普通ポテトグラタンというと、ホワイトソース仕立てのグラタンに
ジャガイモが敷き詰められていたりするのを言うと思います。
でも、はっきり言って、あのホワイトソース、またの名をベシャメルソース、
あれがくせ者です。

ちゃんとベシャメルソースを作ろうと思うと
思いの外大変だし、けっこうバターだの小麦粉だの入っていて
カロリー高そう。

ちゃんと作るのが面倒で、ミックスなどを使えば、
色々添加物も食べることになりそう。
そこで一工夫。
c0021551_17472040.jpg

新芋グラタン。
デンプン系の野菜、ジャガイモ、サツマイモ、カボチャなどの野菜を
蓋付き容器に入れ串がすっと通るまで電子レンジでチンします。
(今回は一人あたり中のジャガイモ一個分ずつ。結構な量です)
出来たら、つぶして、牛乳を少し入れては混ぜ、
また少し入れては混ぜ、と堅めのドロドロになるまでして、
塩コショウまたはスープの素で味を付けておきます。

その間に大鍋で彩りよい野菜と肉類を塩茹でします。
今回は水からにんじん、蓮根。
煮立ったところで、一口大に切った塩鮭、また煮立ったら、
カリフラワー、サヤインゲン、マカロニを入れ、またしばらく ぐらぐら煮て、
次にブロッコリ、最後にピーマン、セロリを入れます。
(ピーマン、セロリはほとんど生がいいです)

しっかり湯を切ったら、つぶしてドロドロにした芋クリームと合わせます。
グラタン容器に入れ、上に料理(ピザ)用チーズをのせ、
うっすらとパン粉も振りかけ、
オーブンで220℃(量にもよりますが)15分~20分、
(250℃10分、またはオーブントースターなどでもいいかな)
ちょっと焦げ目が付くくらいまで焼くと
中も熱くなっています。
火の通った物ばかりなので、見かけが良ければ大丈夫。

これなら必要以上の脂肪分や添加物もありません。
しかも野菜たっぷり。芋クリームとゆで野菜と平行して作れるので、
調理時間も短縮。マカロニを使うので、これで穀類充分。
マカロニが無し(または少し)なら、ご飯やパンを一緒にどうぞ。
チーズがダメなら、つぶした芋クリームを少し残しておいて、
上に乗せれば、(別に乗せなくてもいいけど)恰好がつきます。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-12-20 18:02 | 食べ物 | Comments(6)
Commented by at 2006-12-20 20:50 x
 そっか、ヴィシソワーズはジャガイモだけでとろっとしますものね。それを応用の野菜ホワイトソース♪グラタン好きのわたくしには嬉しい新メニューです。さっそく明日にでもつくってみまーす♪
Commented by しんのすけ at 2006-12-20 21:35 x
芋クリーム!!
目からうろこです。一気に体重がUPしましたので反省中です。いいこと聞きました
Commented by yamamotoyk at 2006-12-20 22:27
はい葉さん、ジャガイモのとろみ、色々応用できそうです。
とにかく早くできて、ぐぐっと簡単。
このメニューの出番が増えますよ。
Commented by yamamotoyk at 2006-12-20 22:29
はいしんのすけさん。
余分の脂カット。さらに野菜の繊維たっぷり。
前回はジャガイモ、実は今回はサツマイモ。
思ったほど甘さは気にならず、
次回はカボチャに挑戦の予定です。
Commented by ぶり at 2006-12-22 00:50 x
わぁ、美味しそ~♪
シェ-ファーズ・パイを連想しちゃいました。
Commented by yamamotoyk at 2006-12-22 21:46
はい、ぶりさんありがとうございます。
シェーファーズ・パイってなんだろうと思って調べたところ、
イギリスの家庭料理で、羊飼いのパイという意味で、
ラムの挽肉をトマト味にして
パイ容器に入れ、上にマッシュポテトクリームをのせて、
焼いた物だそうですね。
パイと言ってもグラタンみたいな物だそうで。
確かにどこか似てそうですね。
<< 和風あんかけハンバーグ 本日の着物 >>