クリスマスディナー

さて、年末年始にかけて、お客(と言っても親戚ですが)のもてなし料理にc0021551_11401736.jpg
鶏の丸焼きもレパートリーの一部ですが、
今年は今のところお客の予定がありません。
しかし、時々はそういうメニューも作らないと
作り方を忘れてしまいます。
というわけで、クリスマス前には近所のスーパーにも
丸鶏が並ぶので作ることにしました。
運良く姪っ子が来ました。
夜はばぁちゃん、姪っ子あわせて5人のごちそう。
ちょっと賑やかです。


メニューはというわけで、鶏の丸焼き(中華風)とミネストローネ
この組み合わせは必然なのです。
我が家の鶏は中の骨をくりぬくので、
その骨(つまり鶏ガラ)でスープの出しを取って、
実だくさんスープとなると、ミネストローネになると言うわけです。
くりぬいた中には蒸した餅米で作ったチャーハンを入れます。
中華ちまきの中身と似たものです。
骨がないのでたくさん入ります。
[PR]
by yamamotoyk | 2006-12-25 11:48 | 食べ物 | Comments(4)
Commented by ぶり at 2006-12-26 00:11 x
これ、秀逸ですよね♪
以前、うまこの家のメニューで、これ見て、頭いい~!!と唸って、
早速まねしたことがあります。 あっ、中身は、
パンとレバーとリンゴ・ベースのスタッフ詰めましたが、いやー、入るの何の。
大好きなスタッフが沢山詰まっていて、嬉しい♪
いつも、有難うございまーす。
Commented by ぶる at 2006-12-26 12:51 x
私のようなものでも 骨を上手にくり抜けますか?
骨にお肉がいっぱいくっついて もったいない・・・ってことにならないかな。
丸ごと鶏を触ったことがないので 想像がつきませんが
次回することになったら 相談します!
みなさん 絶賛ですね~。
Commented by yamamotoyk at 2006-12-27 21:22
はいぶりさん、お褒めにおあずかり光栄です。
本当に骨抜きにすると中身がたくさん入ってうれし~♪です。
以前はアメリカ製のスタッフィングを使っていたのですが、
家の近くで手に入らないし、
自作では思うような味にならなくて最近は中華風です。
でも、この骨抜き中華風は、実は
ライフ社の世界の料理・中国にあった物で
オリジナルではないんですよ。
Commented by yamamotoyk at 2006-12-27 21:31
ぶるさん、細身のナイフと料理ばさみと指を駆使して、
骨と身を分ける感じで掘り進んでいきます。
がんばってみてください。
モモと手羽の関節をうまく見つけて切り離すのもポイントです。
骨に付いた身は(中のレバーっぽいのも含めて)
指でこそげ落として鶏の中に押し込んでおけば大丈夫。でも、
初めてなら、まずは骨付きのまま焼いてみることをお勧めします。

ローストチキン用の手間なし鶏に
中身を詰めて焼くのは簡単で美味しいです。
カニをつつきながら食べる感じで骨付き鶏を楽しんで、
骨の構造を研究すると、
骨の抜き方の想像が付きやすいでしょう。
<< 柚子ジャム 今日の着物 >>