明けましておめでとうございます

そろそろ世界中の国が新しい年になる時間が近づいてきましたね。
今日の名古屋は午後曇りはしましたが、雨は降らず、
まずまずのお天気でした。
地元の氏神様や両実家の年始の挨拶もしました。
お散歩の途中のお宮さんやお寺さんにもお参りしました。
本年が皆様にとっても良い年になりますように。
c0021551_2355096.jpg
ここは日泰寺
お釈迦様の舎利(お骨)がタイ国からもたらされたとき、
それをまつるためにつくられた無宗派のお寺です。
だから日タイ寺なのです。

c0021551_2310152.jpg
このお寺は大龍寺。名古屋五百羅漢のお寺として知られますが、
現在、五百羅漢像は公開されていません。
ひょっとしてお正月なので、との淡い期待も裏切られました。

c0021551_2320651.jpg今日の着物は大島に染めの羽織。
いずれも嫁入りに持ってきた物。
羽織は今回初めて着ました。
帯は母の結城のしゃれ袋帯
(つきあいで買ったらしい)
帯締めは伯母からの頂き物。
実家へ着物で行くときには、結構気を遣います。
今日も散歩がてら歩いていくので、
一番楽なゴム底の雪駄もどきでしたが、
こんな重い草履を履くのかとか、
汚れが付いていてみっともないだの、と
さんざんな言われよう。
親孝行もなかなかに疲れます。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-01-01 23:38 | 外出 | Comments(10)
Commented by ぶり at 2007-01-01 23:49 x
新年おめでとうございまーす♪
せっかく、あれこれ、身にまとっていったのに、履物で、、、
それは、大変ですね。
着て歩く距離が長い時、砂利道を歩く時、
きれい系の草履では、役者不足ですよね(^^)

Commented by yamamotoyk at 2007-01-02 20:30
ぶりさん、あけましておめでとうございます。
いつまで経っても親は子供のことが心配なんでしょうか。
きれいな草履では役者不足と理解してもらうのが、
こんなに大変とは・・・
Commented by しんのすけ at 2007-01-02 23:43 x
このごろ思うのは、ひとつでも年上の女性は、着物姿に何かひとつ言いたい。それをおとなしく聞くのが、ひとつでの若いもののルール・・でしょうか。
私は母に正月に、『いまどき着物きとると、着てるのよって威張ってるように見える』といわれてぷんぷんでした。
それはともかく、うまこさんのおせちは想像しただけでおいしそうです。
Commented by 花兎 at 2007-01-03 05:14 x
あけましておめでとうございます。
今年もさっそく、うまこさんの着物姿に、いいな~、と溜息ついてます。
↑の、お地蔵さんを持ち上げる姪御さんへのコメント、受けてしまいました。軽々とは行かないからこそ、達成したときの充実感もひとしおですよね♪
今年もよろしくお願いします。
Commented by ずず at 2007-01-03 10:48 x
謹賀新年
今年もよろしくお願いいたしますル。
Commented by まぜごはん at 2007-01-03 12:43 x
あけましておめでとうございます
素敵なお召し物ですね(つまり私好み!)

なんてことなくてもついひと言、母の宿命でしょうか(自省)
Commented by yamamotoyk at 2007-01-03 16:46
はい、しんのすけさん、
身内というものは、遠慮会釈がないので、
つい、むっとすることが多いんですよね。
でも、その分その気になりさえすれば、
学ぶことも多いので、あとから感謝ですね。
おせち、落ち着いたところで、振り返って、まとめてみますね。
Commented by yamamotoyk at 2007-01-03 16:50
はい、花兎さん、おめでとうございます。
着物姿、私らしかったり、そうじゃなかったり、
気ぃ使いだったり、しゃれてみたり、気取ってみたり、
うまくいったり、失敗したり、
気に入ってもらえたりと色々ですが、
楽しんで頂けてうれしいです。
Commented by yamamotoyk at 2007-01-03 16:56
まぜごはんさん、おめでとうございます。
今回はまぜごはんさんのお好みでしたか。
きっと上品なお羽織がそうですね。
華やかな色あいがちょっと気恥ずかしかったのですが、
着てしまえば、悪くない気がしてきました。

はい、母の宿命ですね。私も自省しています。
一方で靴クリームも探しています。
Commented by yamamotoyk at 2007-01-03 17:10
ずずさん、謹賀新年です。
私もよろしうお願いいたしますル。
<< 大須万松寺 良いお年を・・・m(_ _)m >>