立体模様の帯

さて、前回のピンクの花帯、どうなってるの?と質問されるので、
あまり大きな画像は無理なのですが、
加工前、加工後といった感じで2つ並べて写真を撮りました。
c0021551_15555350.jpg

もちろん同じ場所の加工前と後ではないのですが、
似たような模様の所です。

こうして並べてみるとずいぶん感じが違いますね。
もともとは平面的なただの布ですが、
緑の木綿布を下にして花の模様の周りを黒糸でチクチク縫ったのです。
ただ縫っただけでなく、花は布をちょっと浮かせるように
布にゆとりを持たせて縫い、下の布との間に綿を少し入れたのです。
すると花が盛り上がってとても立体的になりました。
この布は光沢のあるレーヨンなので、よけいに効果的になりました。

緑の布に縫いつけたのはワンピースを解いたピンクの布が
一枚ずつの大きさが十分でないため
緑の布を土台にしてつなぎ合わせるためだったのです。
最後にピンクを乗せた緑の布を帯に縫いつけたというわけです。

やぁ、帯って本当に楽しいですね!
[PR]
by yamamotoyk | 2007-02-02 16:11 | 着物 | Comments(1)
Commented by みらい at 2007-02-03 22:04 x
分かりやすい説明を有難うございます♪

私も色々な帯に挑戦したいな。
着物も数倍楽しめそうです(^^)
<< 大須観音鬼追いの巻 うまこの着物で遊ぼかね >>