新年お弾き初め

今日はいよいよ新年お弾き初めです。
c0021551_1652158.jpgあぁ、それなのに・・・・
天気予報は大荒れの天気、
横なぐりの雨が・・・なんて
書いてあります。
どういうこと!
春らしいピンクの訪問着と
軽量の袋帯を考えていたのに、
軟弱にも急遽ポリの江戸小紋に
ポリの羽織にと変更です。
帯は去年と同じボタンの袋帯。

ルブラ王山は昔から三味線関係の催しが多いところということで、
地下にお座敷が何部屋かあります。
24畳ほどでのお部屋には正面に床の間があって、
頼んであった緋毛氈として赤い絨毯が敷いてあります。
これは良いですね♪~
あたふたと用意をしていると、
先生方が到着。昔のお仲間が助っ人として一人、
お師匠さんはもう一人お供を従えていらっしゃいます。
男性です。歌舞伎などでも唄っていらっしゃるとのこと。

さて、演目はホタルとサクラとかごめの童謡曲集。
五郎時致、秋の色種、松の緑。
お師匠さんが入られると掛け声も勇ましく、
みんなばっちりです♪~
(間違っても目立たないってことですね・・・・)

1時間で無事終了して宴会の始まりです。
とても和やかでいい会でした。
お師匠さんは、会全体の展望や希望などを話されとても嬉しそうです。
プロは厳しく、趣味の会は楽しく、人それぞれの目標に合わせたメニューを、
という趣旨でした。
[PR]
by yamamotoyk | 2007-02-14 17:21 | 着物 | Comments(6)
Commented by 桜子 at 2007-02-15 17:40 x
うまこさん、牡丹の帯がとても気になるんですけど。
アップで見せていただけたら嬉しいな。
お太鼓の柄はどんなんかしら???
うまこさんが三味線弾いている写真なんかも
いつか見せてくださいね。
それにしても「プロは厳しく、趣味の会は楽しく・・・」
激しく頷いている桜子です。
Commented by yamamotoyk at 2007-02-15 22:55
はい、桜子さん、では、次回お太鼓の写真を撮りましょう。
今回は去年と同じhttp://umacco3.exblog.jp/3404654/
前帯はこの裏の方が赤い牡丹が前面に出て派手です。
これは私の振り袖用の帯です。
どうしても仲居さんに見えるこの着物を
なんとか晴れやかに見せようと苦労します。
演奏中の写真は今しばらくお待ちください。
自分のカメラでは撮れなかったので。
Commented by 桜子 at 2007-02-16 07:06 x
うまこさん、さっき襦袢のページを発見しました!

ところで、うまこさんは半襟どのようにされていますか?
私はいままで三河芯プラス半襟を安全ピンで縫いつけて
いたのですが、最近ある方法を思いつきました。
化粧衿ってありますよね。(衣紋抜きもついた)あれを
がっちり着物の衿に縫いつけちゃうんです。着たら、そのまま
洗濯機でザブザブ。干すときキチンとのばせばぜんぜん大丈夫
なんですよ。腰があって、ぴしっときまり気に入っています。

うそつき袖、私もトライしてみたいわ!!
袖から見える襦袢、みんなピンクなんですもの。
Commented by yamamotoyk at 2007-02-16 11:40
はい桜子さん、襦袢のページを見ていただきありがとうございます。
http://umakohouse.web.fc2.com/usotuki/usotuki.htm
↑のページに書いたように、私はほとんどの場合、
うそつき襦袢に半襟を付けたまま洗濯機へ直行です。

化粧衿を着物に縫いつけるときは
荷物を極力減らしたい、下着を着たくない
などの非常事態のみです。
着物が直接肌に触れて汚れる心配からです。

きれいな布があったらうそつきお袖は楽しいですよ。
Commented by 花兎 at 2007-02-17 20:38 x
お天気は大変でしたが、楽しく、また充実した会だったようで何よりです。
牡丹の帯、「連獅子」を連想しました。振袖に似合った華やかさもあり、合わせようでは大人にも似合い、いいですね~
Commented by yamamotoyk at 2007-02-17 21:07
はい花兎さん、ありがとうございます。
この帯は去年の新年会にも締めたのですが、
その時これを選んだ理由が
演奏曲目に連獅子があったからです。
まさにそのとおりなんですよ!
今年は別の帯にする予定が急遽変えたので
とりあえず、この帯、となっちゃっただけですけどね(^^;)
<< 牡丹袋帯 チョコチョコ >>