花見踊り録音秘話

さて、三味線ネタ。昨日のお稽古は花見踊り、
月一回の東京のお師匠さんの日です。
新しい曲になった時にはお師匠さんがお手本を弾き唄いしてくださります。
それを録音するわけです。
一昨年お稽古に行き始めた時には
録音器として携帯に便利なボイスレコーダーを買いました。
小型なので万博に出演した時には
帯に挟んでマイクをうしろのお太鼓に付け、
うまく録音できたのですが、
やはりボイスレコーダーの録音は音質がキンキンガーガーで
録音したものをiPodに入れて聞いていると
耳やら頭やらが痛くなってきます。

そこで一大決心をして夫の勧めるローランドを買ったのですが
ちょっと大きい。帯には決して挟めない(^^;)し、値段も高い。
ところが、買った直後に新製品が出て小さいし、安い!
なんと悔しいこと。
おまけに買ったローランド、どういう訳か、音が小さい。
先生の模範演奏を録音するのに、
他の皆さんは自分の所にカセットレコーダーを置いているのに、
私はこそこそ、先生の机まで行ってそっと置かせていただいて。
それでも、音が小さい。
しかたないので、ローランド付属のソフトで大きくしました。
それでも左の音が特に小さかったのが修正できたのはさすが。

せっかく高いお金出して買ったのがもったいないので、
何とか使わねば。音が小さいのって何が悪いのかしら?
そして今日はその日に休んだ人のために
CDに焼いたり、テープにダビングしてあげたり忙しい。
メモリーが小さいのしか入れてないけど、それでも音は、
テープで撮ったのよりきれいでうれしいですね♪~
[PR]
by yamamotoyk | 2007-03-22 18:20 | 三味線 | Comments(0)
<< お稽古着物 歳時記 >>